ローソン広報 Smile Blog ~ほっとな情報でみんなの毎日を元気に~

※記事中の価格表記は記事掲載時の税込価格となっております。2014年4月1日以降は、新税率8%に基づく税込価格となります。

2015年8月17日

カテゴリー: 蓼山 陵さん 「コンビニ探訪社会学」

ナチュラルローソンをもっと身近に感じたい!

■ 仕事の合間に銀座の外れにある店を覗いていた

会社勤めだったころ、空いた時間にフッと社を抜け出して向かうところがあった。歩いて5~6分、銀座のはずれにあるナチュラルローソンだ。店内はそう広くないが、気になる商品がたくさんあった。ワイン、チーズ、ハーブキャンディーなど他のコンビニにはない輸入物をチェックするのが楽しかった。ハーブキャンディーやハーブティー(ティーバッグ)を買って帰り、仕事の合間に香りと味わいを楽しんだものである。

wine

独立してからは近くにナチュラルローソンがない。正確に言うとあるにはあるのだが、病院内なので気軽に行くという感じではないのだ。その代わりに、たまに駅前の成城石井を覗いているが、こちらは高級スーパー。プレミアムコンビニとはちょっと違う。中高年女性が多いからか、(プチリッチな)生活感がある。時間が空いたときに立ち寄るという雰囲気ではなく、入ったらエスニックの食材だとか自家製ウインナーだとか、結局は本格的な買い物になってしまう。遊び心で探検!という感じではないのである。

 

ま、ナチュラルローソンに成城石井の商品が置いてあったりもするので、両者が極めて近い雰囲気であることは間違いない。その両者が同じグループになったのだから、ますます相似化していくのか。それとも微妙な違いを保ったままいくのか。ここは興味深いところである。

 

 

■ 「2018年度に300店へ拡大」と玉塚社長が宣言

そんな事を思っていたら、7月10日、ローソンの玉塚元一社長が都内での記者会見でナチュラルローソンの店舗拡大方針を表明した。現在は108店(7月末現在)だが、これを2018年度には300店に増やすというのである。玉塚社長は「『おいしい健康』という消費者のニーズにさらに応えていきたい」と語っていた。健康コンセプトを明確に打ち出すことで、女性や高齢者といった健康に敏感な顧客の獲得を狙っていくものとみられている。

 

ナチュラルローソンの支持は確実に高まっている。既存店売上高は、昨年4月の消費税率アップ後も伸びていて、22カ月連続で前年を上回っているのだ。健康志向が高まる中で、管理栄養士の有資格者などが商品開発を担当し、健康コンセプトの高い商品を提供してきたことが高支持につながっているのだろう。

たとえば、いま販売されているお弁当を見てみよう。「チキンと野菜のグリーンカレー」(税込499円 427kcal)、「おろしソース豚しゃぶと雑穀ごはんプレート」(税込680円 483kcal)。なかなか魅力的なメニューが揃っている。しかも摂取カロリーも低めでヘルシーだ。ドリンクを見れば、ブラジル・アマゾン原産のアサイーや、バジルシードドリンクなど女性好みの高付加価値商品がズラリ(成城石井でも扱っている)。

こうした健康コンセプトの強い商品が揃うナチュラルローソンが、今後大幅に増えるというのだからありがたい。

 

 

■ ナチュラルローソンは、なぜ300店舗体制なのか

ナチュラルローソンが誕生したのは2001年7月。ちょうど15年になる。通常のローソン店舗が40年間で全国に11191店(7月末現在)まで拡大したのに比べ、ナチュラルローソンの100店舗あまりというのは、数字だけみると少ないように見える。今後についても300店舗で、出店エリアも関東エリアが中心になるだろう。その違いは何なのか。

 

答えは、7月の会見時の玉塚社長の発言にあった。

「ナチュラルローソンには、通常店にないラボラトリーとしてのメリットがある。機動的であり、希少性の高い商品も扱いやすい。300店くらいまでなら、このメリットを発揮して新しい挑戦がどんどんできる」

なるほど。そういうことなのか。規模の大きな通常店では扱いにくい商品を、ラボラトリー=実験場でもあるナチュラルローソンで販売してお客の反応を確かめてみる。そこで幅広く支持されたら、今度はその商品を通常店に広げていけば裾野は確実に広がる。

 

7月下旬、ナチュラルローソンでは「日本のおいしいものめぐり 沖縄編」を実施していた。「沖縄ジェラート ぬちまーす 塩ミルク」(330円)、「ちゃんぷるー おいしい島豆腐」(369円)、「石垣島ジャージーのむヨーグルト」(324円)といった沖縄の逸品の数々が販売されていた。現在(8月)は、「日本のおいしいものめぐり 夏の北海道編」を開催中だ。このコラムでも触れたが、地方の逸品をフェアで扱ってほしいという願いがかなえられているのだ。これを全国の通常店でやるのは物量的にも無理だろう。 まさにラボラトリーならではの展開だといえる。

国内、国外を問わず、健康に良くておいしくて、希少性のある商品をどんどん揃えてほしい。それがナチュラルローソンのさらなる魅力アップにつながるはずだ。

 

gaikan

 

 

蓼山 陵