ローソン広報 Smile Blog ~ほっとな情報でみんなの毎日を元気に~

※記事中の価格表記は記事掲載時の税込価格となっております。2014年4月1日以降は、新税率8%に基づく税込価格となります。

2012年11月28日

カテゴリー: スタッフ体験レポート

ローソンファーム千葉に行ってきました!

みなさん、こんにちは。


今日は、千葉県にある“ローソンファーム”から、
ローソンで売っている野菜をご紹介します!

ローソンは、店舗に野菜を安定供給するために、
生産者(農家)の方と一緒に“ローソンファーム”という農場をやっていて、
北は北海道から南は鹿児島まで、合計7ヶ所あるんですよ。

ここ“ローソンファーム千葉”は、最初にできたローソンファームです。

jimusyogaikan jimusyologo

 

到着すると、どこからか「メェ~メェ~」という鳴き声が・・・なんとヤギがお出迎えしてくれました~♪
yagi
新鮮な旬の野菜をいつも食べているからか、とっても元気なヤギさんでした★


では、早速畑に行ってみましょう!
今の季節は、旬の大根小松菜と、にんじんをつくっているんですよ~。

まず見えてきたのは、にんじん畑。
あれ?畑に誰かいますよ?

sinozukasanushiro shinozukasansyukaku

あ!社長!
ちょうどにんじんを収穫しているところでした。

社長のお顔、どこかで見たことありませんか??

そう!
ローソンが“生鮮宣言”をした10月30日に
全国紙に掲載された広告です★
seisensengen2

こちらが、ローソンファーム千葉社長の篠塚利彦さん。

        左が篠塚さん
           ↓
seisensengen1

笑顔がさわやかですー!

今朝のTBSはなまるマーケットにもちょこっと出ていて、
いとうあさこさん「イケメン!」と言われていましたよ(^^)


そんな篠塚さんに案内してもらって
次に向かった先は、小松菜をつくっているビニールハウス。
komatsunagaikan

中をのぞいてみると、
青々とした葉っぱがズラリ!
komatsunashitsunai2
きれいに並んでいますね~。

小松菜は、種を植えてから20日ぐらいで収穫するそうですよ。
komatsuna

これから年末にかけては、お正月のお雑煮用に、
出荷量が年間を通して最も多くなるんですって!

みなさんも、お正月にローソンファームの小松菜をぜひお試しください。


そして最後に大根。
sodattadaikon
寒くても太くしっかり育っている大根は、
なんだかたくましく見えました。

約3ヶ月間、たくさんの愛情を受けて育ったこの大根は、
みずみずしくてとってもおいしいですよ!


ここでつくられた元気な野菜たちは、新鮮なまま
関東エリアのローソンやローソンストア100に運ばれます。
早いものだと、翌日 には店頭に並んでいますよ!!

daikonkagoiri ninjinkagoiri

近くのローソンでは、
こんなかわいいPOP付で販売されていました。

1129pop tenponinjin daikon3

このマークを目印に、探してみて下さいね。
shinlogo

ローソンは、扱っている生鮮品の約1割を、
ローソンファーム産にすることを目指しています。



生産者の顔が見える野菜って、
なんだか安心感ありますよね~。

篠塚さんをはじめ、従業員のみなさんの野菜への愛情と技術、
それを受けとめるかのように、一生懸命根をはって育つ野菜。
こうして美味しくて栄養たっぷりな野菜はつくられているんだ・・・と、
感動し、とてもあたたかい気持ちになりました。


ローソンファーム千葉のみなさん、ありがとうございました!
 

ローソンファームの野菜で、早速自宅で料理しました★
nikujyaga2 nitadaikon1
肉じゃが 煮物



皆さんも、新鮮なローソンファーム野菜で、食卓に彩を加えてみて下さいね!