ローソン広報 Smile Blog ~ほっとな情報でみんなの毎日を元気に~

※記事中の価格表記は記事掲載時の税込価格となっております。2014年4月1日以降は、新税率8%に基づく税込価格となります。

2012年6月 7日

カテゴリー: お知らせ

「夢を応援基金」最初の卒業生たちは頑張っています

こんにちは。


新年度が始まってから、早くも2ヶ月が経ちました。

新しい環境でがんばっているみなさんも
少しずつ慣れてきた頃でしょうか?

このBlogでお伝えしてきた「夢を応援基金」の奨学生たちも
当時高校3年生だった283名の内、
48名が社会に出てがんばっています。


募金をしてくださったみなさまへ、メッセージが届きました。
長いですが、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

「『夢を応援基金』には、助けられました。私の様な人がみんな助かったと思います」
「『夢を応援基金』にて奨学金を給付され、安心して授業や実習を受ける事が出来たのも、お陰様と感謝申し上げます。本当に私は高校を卒業することができ、これから就職しますが、大きな夢に向かって頑張ることができます。奨学金でとても助かりました。本当にありがとうございました。」
「今まで本当にお世話になりました。夢を実現できるよう、必死に頑張っていきたいと思います」
「この度は『夢を応援基金』をありがとうございました。作文で書いたとおり自分の夢を叶えるために大型漁船に就職する事ができました。基金は学校から遠い町へ避難しておりましたので通学費に使わせていただきました。」
「この度、無事に就職することができました。たくさんの方々に応援していただき、大変感謝しております。震災にあい、辛いこともありましたが、前を向いてしっかりと歩いていこうと思います。本当にありがとうございました。」
「地震で家、財産、制服を流されてしまった私は、『夢を応援基金』のおかげで、無事高校を卒業し、就職をすることが出来ました。今まで支えてもらっていた存在から、困っている人を支えることができる存在になります。本当にありがとうございました。これからも夢を持ち、夢を追い続けます。」
「震災で全壊になり、大変な思いをしました。そこで少しでも前向きで行動を考えていた時、このような『夢を応援基金』のお話を頂き、うれしく思いました。地元で就職が決まり、今後頑張っていきます。ありがとうございました。」
「『夢を応援基金」とても助かりました。震災の前、ローソンでアルバイトをしていましたが、震災が来てお金がない、アルバイトをしたいけどアルバイトをする所がないというところに、奨学金をいただけるなんて、とても嬉しかったです。本当に感謝しています。ありがとうございました。」
「入社までに車の免許取得が条件でしたが、この奨学金があったので自動車学校に通うことができました。無事に取得することができ、4月から社会人になりました。感謝の気持ちを忘れず、一生懸命働きたいと思います。ありがとうございました。」
「おかげさまで、卒業できました。ありがとうございました。」
「本当にたすかりました。家もなくなり、仕事もなくなってしまい、学校に行かせることも出来なくなると思い心配しました。本当は専門学校に行きたかったらしいのですが、家の事を考えると難しく、就職させる事にしました。このような奨学金は本当に助かります。ありがとうございました。」
「地元で復興のため微力ながら頑張っています。」
「貴社の基金のおかげで無事高校を卒業する事が出来ました。中退させる事なく、将来の仕事に力強く向かって行く考えが出来、本当にうれしく思います。全て基金のおかげで、自分のパティシエになる夢に向かって進み始める事が出来ました。ありがとうございました。」
「避難続きで仕事もなく・・・私立高校の学費が高く・・・就職準備やら車の免許とかで一番お金の掛かる時期で、今回の『夢を応援基金』は大変ありがたかったです。本当に本当にありがとうございました。母子家庭で、母の介護をしながらなので、本当に助かりました。」
「この度は奨学金を頂きありがとうございました。おかげさまで会社にも入社でき、今では一生懸命に仕事を頑張っております。今後は福島の復興のためにもがんばりたいと思います。本当にありがとうございました。感謝しております。」
「募金をくださった皆様、夢実現にむかって頑張ります。ありがとうございました。」
「皆様のおかげで前へ進むことができました。ありがとうございました。」
「1年間、ありがとうございました。大変助かりました。原発事故で息子の通っていた学校が休校になり、大きな不安を抱え、後先が全く分からなくて混乱した状況で、金銭的な事も考えず、避難先の学校に転校させました。奨学金は、学費と自動車学校の教習費の一部として利用させていただきました。おかげ様で息子は就職が決まり、一歩前進したところです。私達より大変な方が大勢いると思います。その方達を支えてあげてください。事務局一同様、本当にありがとうございました。これからも頑張ってください。」
「今回は支援ありがとうございました。学費や生活費に使わせていただきました。おかげさまで無事に高校生活を終え卒業することができました。またこれからは支援していただいた方への感謝を忘れず、父と力を合わせて家計を支えて行きたいと思います。1年間支援していただきありがとうございました。」
「『夢を応援基金』のおかげでジュニアマイスターゴールドを取得し卒業することができ、そして、希望する会社に就職する事ができました。募金をくださった皆様、事務局の皆様、ありがとうございました。今度弟が自分の夢のため気仙沼から仙台の高校に進学する事になりました。ボクのようにこの『夢を応援基金』で夢に向かって進んで欲しいと思います。ボクが頑張れたように。」
「おかげさまで無事に就職が決まり、高校を卒業することが出来ました。ありがとうございます。」
「通学用のバスの定期代などに使わせていただきました。そのおかげで助かりました。ありがとうございました。」
「専門学校へ進学を希望していましたが、震災と原発事故に依り、就職することになりました。でも親に負担をかけることが少なく奨学金でこの1年間とても助かりました。全国の皆様の支援は大変感謝しています。本当にありがとうございました。現在は就職先で元気に将来の夢と希望を持ち頑張っています。」
「『夢を応援基金』のおかげで大変助かりました。これからの人生を有意義なものにしていきたいです。ありがとうございました。」
「昨年起こった東日本大震災の津波で自宅が流出し、家庭の事情もあり家計も苦しく大変なときに、『夢を応援基金』からの奨学金給付をしていただいたおかげで無事に卒業を迎えることができ、おかげ様で就職も自分の希望の事務職に就くことができました。本当にありがとうございました。」
「震災があったけど、『夢を応援基金』のおかげでがんばることができました。ありがとうございました。心より感謝いたしております。いつか私たちも誰かのために役立てるようがんばっていきます。」
「無事卒業する事ができました。就職も地元の建設会社に決まりこれから復興のために頑張ります。本当にありがとうございました。」
「免許の費用にあてる事ができ、とても助かりました。」

 

約7ヶ月間の支給でしたが、

みなさまからの募金を有意義に使っていただきました。

まさに社会人としての一歩を踏み出したところですね。
これからのたくさんの苦難を乗り越え、
夢の実現に向って進んでくれることを願っています。


「夢を応援基金」では引き続き奨学生の支援を続けています。
ローソン店舗やHPで募金を受け付けています。
みなさまの暖かいご支援を宜しくお願い致します。


「夢を応援基金」についてはこちらをご覧ください↓
http://www.lawson.co.jp/campaign/static/genki/kikin/

yumekikin_lawson_logo_mini

 

ローソン広報