ニュースリリース

全国各地のご当地グルメがおにぎりに
4月24日(火)より順次、全国のローソン店舗で発売
おにぎり屋に「ご当地もんにぎり」シリーズが新登場

2018年4月19日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は    4月24日(火)から順次、オリジナルブランド“おにぎり屋”の新シリーズとして日本全国各地のご当地グルメや食材をおにぎりにした「ご当地もんにぎり」を全国のローソン店舗(13,279店:2018年3月末時点、「ローソンストア100」除く)で発売します。


「ご当地もんにぎり」では、全国各地のご当地グルメを手軽にお楽しみいただけるように、各地の名物メニューや食材を「おにぎり」にアレンジをしました。ローソンのオリジナルブランド“おにぎり屋”の新シリーズとして、第1弾(発売日:4月24日(火))は「宮崎篇」「北海道篇」の2品、第2弾(発売日:5月15日(火))は「京都・大阪篇」「東京篇」の2品を発売します。また、第1弾の発売に合わせて「ご当地もんにぎり」で食べてみたいメニューを募集。選定のうえで商品化し、ローソンで発売します。ご当地ならではの美味しいグルメを、「ご当地もんにぎり」を通じて日本各地にお届けし、日本中のマチを盛り上げてまいります。


左から:宮崎篇 チキン南蛮おにぎり(税込168円)/北海道篇 帆立バター醤油おにぎり(税込175円)/

京都・大阪篇 だし巻玉子おにぎり(税込158円)/東京篇 深川めしおにぎり(税込140円)


<あなたが食べてみたい「ご当地もんにぎり」を商品化>

「ご当地もんにぎり」の発売に合わせて、『食べてみたい「ご当地もんにぎり」』のメニューを募集します。

応募いただいたメニューから厳正なる選考のうえ商品化を行い、全国のローソン(※1)で発売します。(発売時期は未定)

※1 商品内容によっては、一部地域を除いた発売となります。


【募集概要】

募集期間:4月24日(火)~5月7日(月)

応募方法:Twitterでハッシュタグ「#ローソンご当地もんにぎり」をつけて、メニュー案を投稿

(詳細については4月24日(火)よりローソンのホームページ内(http://www.lawson.co.jp/)でご案内します)

選定方法:募集期間終了後、ローソン社内の審査委員会で選考のうえ、商品化を行います。


<発売商品>

■第1弾 発売日:4月24日(火)


「チキン南蛮おにぎり」税込168円

「ご当地もんにぎり」の宮崎篇です。
宮崎県名物のチキン南蛮を再現しました。
鶏むね肉に卵をつけてから衣をまぶして揚げ、甘辛のタレとさっぱりした酸味のタルタルソースで味付けました。


「帆立バター醤油おにぎり」税込175円

「ご当地もんにぎり」の北海道篇です。
北海道産バターと醤油で香ばしく焼き上げたベビーホタテ(ホタテ稚貝)をごはんで包んだおにぎりです。ごはんは帆立に合うように 北海道産バターとだし醤油で味付けしました。


■第2弾 発売日:5月15日(火)

「だし巻玉子おにぎり」税込158円

「ご当地もんにぎり」の京都・大阪篇です。
関西で人気の「だし巻」をおにぎりにしました。
「だし巻」には焼津産の鰹と北海道産利尻昆布を使って、ダシの旨みを引き出しました。「だし巻」と醤油味のごはんの間にはおかかを挟みこみ、食べやすく仕上げました。


「深川めしおにぎり」税込140円

「ご当地もんにぎり」の東京篇です。
東京名物の「深川めし」をおにぎりにしました。
ダシと味噌でじっくり煮込んだあさりを長ネギ・油揚げと一緒に混ぜ込みました。