ニュースリリース

大分県産にらを使用したメニュー
3月6日(火)から大分県のローソンで
<大分県>「大分にら豚ちゃんぽん」発売

2018年2月26日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、3月6日(火)から大分県のローソン店舗(182店:2018年1月末時点)で、大分市のご当地メニュー「にら豚」を参考に商品化した「大分にら豚ちゃんぽん」(税込498円)を発売いたします。


「大分にら豚ちゃんぽん」(税込498円)


今回発売する商品は、大分県産のにらを生で盛り付け、食感良く仕上げたちゃんぽんです。にらに加え、豚肉、かまぼこ、キャベツ、もやしを具材として盛り付けました。豚由来のとろりとした濃厚スープに、弾力のあるもちもちとした麺を合わせました。


「にら豚」は、昭和40年代後半に大分市内の中華料理店で、「大分市の特産品を使って安くておいしい料理を作ろう」という考えのもとに誕生したご当地メニューです。

今回の「大分にら豚ちゃんぽん」発売に合わせて、2017年6月に発売した「大分にら豚丼」(税込450円)も3月6日(火)より大分県のローソン店舗で再発売いたします。


ローソンは、今後も地元の食材を使用した商品やご当地メニューをで発売することで、地域の活性化に貢献してまいります。