<NL・九州地区>博多女子高等学校の生徒さんプロデュースの “糸島産ふともずく”を使用した2商品を発売|ローソン

ニュースリリース

フード・アクション・ニッポン アワード2017 受賞産品
2月27日(火)より、九州地区のローソン店舗、ナチュラルローソン店舗で
<NL・九州地区>博多女子高等学校の生徒さんプロデュースの “糸島産ふともずく”を使用した2商品を発売

2018年2月23日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、2月27日(火)から九州地区のローソン店舗(1,307店:2018年1月末時点)、ナチュラルローソン店舗(143店:2018年1月末時点)で、博多女子高等学校の生徒さんたちがプロデュースした“糸島産ふともずく”を使用した、「NL 糸島産ふともずくを味わうネバネバサラダ」(税込320円)、「NL 糸島産ふともずくを味わうネバネバスープ」(税込350円)を発売いたします。“糸島産ふともずく”は、「フード・アクション・ニッポン アワード2017」※(農林水産省主催)において、受賞10産品に選定されたもずくです。

(※) フード・アクション・ニッポン アワードとは、国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の優れた取り組みを表彰し、全国へ発信することにより、事業者・団体等によるさらなる取り組みを促進することを目的として2009年に創設した表彰制度です。2017年度は、大手百貨店、流通、外食事業者等が審査委員となり国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品をコンテスト形式で発掘し、各社の販路を通じて消費者に届けていきます。


「NL糸島産ふともずくを味わうネバネバサラダ」
税込320円

「NL糸島産ふともずくを味わうネバネバスープ」
税込350円


今回発売する2品は、博多女子高等学校の生徒さんたちがプロデュースした“糸島産ふともずく”を使用した商品です。「NL糸島産ふともずくを味わうネバネバサラダ」は“糸島産ふともずく”をメインにオクラやなめこなどのネバネバ食材を合せた春雨サラダです。九州産かぼす果汁を加え、爽やかな味わいに仕上げました。「NL糸島産ふともずくを味わうネバネバスープ」は、“糸島産ふともずく”をメインにオクラやなめこ、長芋などのネバネバ食材を合せた、コンソメ仕立てのスープです。


“糸島産ふともずく”は、福岡県の糸島市の4~5名の漁師の皆さんが全て手作業で収穫しているふともずくです。食べ応えのある太さでツルツルとしたのどごしが特長です。

地域の食材や食文化を活かした産品を募集し表彰する「フード・アクション・ニッポン アワード2017」において、ローソン代表取締役 社長の竹増貞信が審査委員として、“糸島産ふともずく”を選定しました。


ローソンは、2013年に福岡県と包括連携協定を締結したのを機に、県産品を使用した商品の開発・発売をしてまいりました。ローソンは、今後も自治体や学校と連携し、地元の食材を使用した商品を販売することで、地域の活性化に貢献してまいります。