ローソン店舗で鍵の受け渡しサービス開始 Keycafeとローソンが連携|ローソン

ニュースリリース

民泊、カーシェアリング、貸会議室や不動産の内見などの鍵の受け渡し拠点にローソン店舗で鍵の受け渡しサービス開始 Keycafeとローソンが連携

2018年1月23日

キーカフェ・ジャパン合同会社(本社:東京渋谷区、社長:小河内亮、以下「Keycafe」)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、1月22日(月)より、ローソン店舗内にKeycafeのIoTキーボックス端末「Keycafe Smartbox」を設置し、鍵の受け渡しサービスを開始いたしました。今回のサービスでは、民泊、カーシェアリング、貸会議室、不動産の内見などの鍵の受け渡しを無人で遠隔から行えます。


ローソンGINZA SIX店 店内


導入1号店として、ローソンGINZA SIX店(東京都中央区銀座6-10-1)の店内壁面に「Keycafe Smartbox」を設置いたしました。「Keycafe Smartbox」は19個のキーキャビネットとタッチパネルを備えており、鍵の持ち主(ホスト)が鍵を端末に預け入れた後、インターネットを通じて借り主(ゲスト)に鍵へのアクセス権を付与することができます。ゲストは電子メールなどに記載された「Keycafe Smartbox」の設置店舗に来店し、タッチパネルにアクセスコードを入力するだけで鍵を入手できます。アクセス権はゲストごとに変更され、さらに有効期間限定のアクセス権も設定できます。全てのプロセスが無人、かつ遠隔から管理できるため、ホスト、ゲストともに鍵の受け渡しを簡単に行えます。設置する鍵の種類は、民泊、カーシェアリングや貸会議室などに代表されるシェアリングエコノミー用途や、不動産の内見・ハウスキーパーなどを想定しています。
Keycafeとローソンは今後、東名阪などの観光立地を中心に、2019年3月末までに100店舗で鍵の受け渡しサービスを展開する予定です。