ニュースリリース

日本郵便株式会社と連携
2017年12月21日(木)、福島県南相馬市にて
配送ロボットによる無人配送の実証実験を実施

2017年12月12日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横山 邦男/以下「日本郵便」)と連携し、2017年12月21日(木)に、自律で陸上を走行する配送用ロボットによる無人配送の実証実験を福島県南相馬市で実施いたします。

これは、ロボットの社会実装に向けた取り組みを積極的に進めている南相馬市のスポーツセンターのグランド敷地内に、ローソンと郵便局の仮想拠点を設置し、郵便物やローソン商品を仮想のお客様配達先まで配送ロボットによって無人で配送する実験です。
日本郵便は、ドローンや配送ロボットの新しい技術を物流に活用する検討を行っています。今回、初めて配送ロボットを用いた実験を実施することで、配送ロボットによる荷物等の輸配送実現に向けた取組みを進めていきます。
南相馬市は、「福島ロボットテストフィールド」を核とした「ロボットのまち南相馬」としてロボット産業の推進に取り組んでおり、今回の実験場所の提供のほか、配送ロボットの社会実装に向けた検討を行っています。
ローソンは、今回の実証実験を通じ、配送ロボットを活用して、お客様が注文したローソン商品と 郵便物を一緒に配送する仕組みの構築を検討してまいります。

■実証実験の概要
日時:2017年12月21日(木)11時~12時
場所:南相馬スポーツセンター内 トリムコース(福島県南相馬市原町区桜井町2丁目200)

実証実験の内容

宅配ロボットの画像


昨今、コンビニエンスストアをはじめとした小売業では、第4次産業革命と称される進化するテクノロジーを駆使し、生産性を向上させることが急務となっています。ローソンは、これまでにAIを活用したセミオート発注や店舗のワークスケジュールを管理するタブレットの導入等、最新のIT技術を活用した生産性向上に取り組んでまいりました。配送分野では、2017年10月から「ローソン南相馬小高店」にて、最先端のドローン技術を活用し、専用車両による移動販売と組み合わせた商品配送を試験的に開始しています。今後もローソンはさまざま実証実験を通して宅配や移動販売サービスを充実させ、地域社会における買い物環境の向上に貢献してまいります。