ニュースリリース

「塩キャラメルシフォン~瀬戸のあらじお使用~」
「小豆島産醤油の焼おにぎり」
<中四国地区>香川県食材を使用した2商品11月7日(火)より順次発売

2017年11月6日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、11月7日(火)より、中国・四国エリアのローソン店舗(1,386店 ※1 :2017年9月末時点)で、「塩キャラメルシフォン~瀬戸のあらじお使用~」(税込249円)を、11月21日(火)より、四国エリアのローソン店舗(620店:2017年9月末時点)で、「小豆島産醤油の焼おにぎり」(税込110円)を発売します。※1 山口県の一部店舗を除きます。


左:「塩キャラメルシフォン~瀬戸のあらじお使用~」(税込249円)

右:「小豆島産醤油の焼おにぎり」(税込110円)


11月7日(火)発売の「塩キャラメルシフォン~瀬戸のあらじお使用~」は、シフォン生地に、香川県産「瀬戸のあらじお」を使用し、生地の中にキャラメルムースを絞り、上からキャラメルソースをかけた、甘じょっぱいスイーツです。
11月21日(火)発売の「小豆島産醤油の焼おにぎり」は、もち米入りのもっちりとした食感のおにぎりに、「タケサン醤油」を使用した醤油を塗り、こんがりと焼きあげた焼おにぎりです。かつお・昆布のだしの旨みと、白いり胡麻の香ばしい風味をお楽しみいただけます。

ローソンは、2008年3月に香川県と「包括連携協定」を締結したのを機に、地元の食材を使用した商品やご当地メニューの販売に取り組んでまいりました。今後も、各地で親しまれているご当地グルメや、地元の身近な食材を使用した商品を県内外で発売することで、地域の活性化に貢献してまいります。