ニュースリリース

長崎県内の高校2校の生徒さんたちが考案長崎県産食材を使用したデザート・ベーカリーを 長崎県内の店舗で発売

2017年10月12日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、長崎県内のローソン店舗(105店:2017年 9月末現在)で、10月16日(月)より、長崎県立佐世保商業高等学校の生徒さんたちが考案したデザート「びわのスティックタルト」(税込160円)を、10月17日(火)より、長崎 県立佐世保北高等学校の生徒さんたちが考案したベーカリー「ゆうよりパン」(税込140円)を発売いたします。

    「びわのスティックタルト」(税込160円)                  「ゆうよりパン」(税込140円)

今回発売する2品は、各高等学校の生徒さんたちが、「長崎県産食材を使用した商品開発」「各地域の特産・地元のPR」をテーマに考案した商品です。

「びわのスティックタルト」は、長崎県産のびわの果肉入りジャムを、レアチーズケーキにトッピングした、スティック状のデザートです。

「ゆうよりパン」は、長崎名物のお菓子“よりより”をイメージしたベーカリーです。長崎県産の柑橘“ゆうこう”の果汁を生地とホイップクリームに練り込みました。

 

 

ローソンは、今後も自治体や学校と連携し、地元の食材を使用した商品を販売することで、地域の活性化に貢献してまいります。