ニュースリリース

サラダとグラノーラの新しい組み合わせ「NLフルグラ®をかけて食べるチョップドサラダ」発売

2017年10月10日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長 竹増貞信、 以下「ローソン」)は、一般社団法人 食・楽・健康協会(代表理事 山田悟医師)が推奨する『緩やかな糖質制限「ロカボ」(※)』の考え方を取り入れた、サラダとグラノーラを組み合わせた商品を、2017年10月17日(火)より、全国のローソン店舗(12,655店舗 2017年8月末時点、「ローソンストア100」を除く)で発売します。 (※)糖尿病専門医の山田悟医師(一般社団法人 食・楽・健康協会代表理事、北里研究所病院 糖尿病センター長)が提唱する、1日の糖質量を70~130g(1食20g~40g、間食10g)とする「緩やかな糖質制限食」のことです。



・NLフルグラ○Rをかけて食べるチョップドサラダ  税込498円  10月17日発売 431kcal 糖質24.8g
キャベツ、レタス、リーフレタス、ブロッコリー、トレビス、赤パプリカ、ベーコン、チーズの彩りの良いサラダに、カルビー株式会社の「フルグラ糖質25%オフ 50g」を加えた一食完結型サラダです。
ヨーグルト、甘酒、オリーブオイルなどを加えた酸味の効いたドレッシングで、フルグラの甘み、ベーコンとチーズの塩味、ドレッシングの酸味と、さまざまな味を楽しめます。スプーンですくって食べやすいように具材を小さくカットしています。1日に必要な野菜量の1/3(※)を摂ることができます。
(※)1日分の推奨摂取量:350g以上(厚生労働省「健康日本21」より)

毎日の食生活を通して野菜の摂取を増やし、健康を気遣いたいというお客様のニーズが高まっています。
ローソンは2017年5月より、 お弁当やおにぎりなどと組み合わせのしやすい適量な生野菜サラダや、肉や魚、雑穀などを使用し一食で食事を完結できるパスタサラダやデリサラダなどサラダの品揃えを増やしました。幅広い世代のお客様からご好評頂き、今年3月から8月のサラダ全体の売上高は前年比で2割伸長、一食完結型サラダ(パスタサラダ・デリサラダ)は3割伸長しました。

ローソンは今後も、健康を気遣うお客様のニーズに対応した商品の開発・販売を進めてまいります。