ニュースリリース

ローソン南相馬小高店にて、10月31日より試験運用を開始楽天とローソン、福島県南相馬市でドローン配送と移動販売を組み合わせた商品配送で協業

2017年10月6日

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役 会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、2017年10月31日(火)より「ローソン南相馬小高店」(福島県南相馬市)を拠点に、専用車両による移動販売とドローンによる商品配送を連携させた試験的な取組みを開始いたします。ドローン配送とコンビニエンスストアの移動販売を連携させた取組みは、日本国内では初めての事例です。

南相馬市小高区は、東京電力福島第一原発事故の影響による避難指示区域の指定が、2016年7月に解除されました。住民の帰還が進み、町としての活気を取り戻し始めているものの、日用品や食品など買い物環境の向上は優先すべき課題となっています。
「ローソン南相馬小高店」は、2016年10月にオープンし、避難指示区域の指定解除以降小高区内で最初に営業を再開したコンビニエンスストアです。今回の協業では、同店舗を拠点に小高区内で週2回の移動販売を開始し、そのうち週1回限定で、移動販売車両では積み込めない温度帯である「からあげクン」をはじめとしたフライドフーズなどの注文を受けた際に「楽天ドローン」の専用機で店舗から移動販売先へ配送します(※)。まずは、半年間の試験運用を経て検証を行い、その後の展開を検討いたします。
(※)降水、風速や気温などの気象状況により、運行できない場合があります

(「楽天ドローン」専用ドローン「天空」)

(ローソン 移動販売車両)


ローソンは2013年より本格的に移動販売を開始し、地方の中山間地域や都市部の高齢者施設などを中心に、現在28都道府県の約80店舗で実施しています。移動販売を通じて自宅から外に出て“買い物の楽しみ”や“地域とのつながり”を創出する「地域買い物コミュニティ」の実現を目指しています。
楽天は、2016年5月に、ドローン配送ソリューションを提供するサービス「楽天ドローン」(当時「そら楽」)を開始し、ゴルフ場での実施や地方自治体などとの共同実証実験を通じて、実績を重ねてきました。本年2月には、南相馬市とドローンを活用した新たな物流システムの構築に関する事項を含めた包括連携協定を締結しています。今回の取組みは、これまでにも楽天グループのサービスと商品受け取りなどで連携実績があるローソンとの協働による、ドローン配送の社会実装に向けた第一歩となります。
楽天とローソンは、本協業を通じ、南相馬市内の買い物環境の向上を図り、地域社会の発展に貢献することを共に目指します。