ニュースリリース

特例農業法人ローソンファーム新潟 ICT農業の取り組み
新潟市と連携して、2017年8月より
農業用ドローンの実証実験を開始

2017年7月25日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)と特例農業法人ローソンファーム新潟(新潟市東区)は、大規模農業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されている「新潟市」と、農業用ドローンの取り扱いと操縦教習所を展開する「新潟クボタ(本社:新潟県新潟市)」と連携して、農業用ドローンによる水稲の薬剤散布の実証実験を開始します。

ローソンファーム新潟 圃場

農業用ドローン「マルサンダックス04」


ローソンファーム新潟は、2015年3月に新潟市の特例農業法人第一号として設立されました。稲作作業の省力化と農地集約による大規模農業を目指しており、同5月より新潟市と連携して、水田の環境を自動で測定する「水田センサ」と、クラウド型の「水田管理システム」を導入するなど、ICT農業の取り組みを進めてきました。

今回の実証実験では、ローソンファーム新潟の目指す農地集約による大規模農業を見据え、水稲病害虫防除のための薬剤散布に、農業用ドローンを使用します。1ha(ヘクタール)当たりの圃場に農薬散布するのに、人力であれば少なくとも1時間以上はかかるところ、農業用ドローンの利用では、約10分で農薬を散布することができるため、大幅な省力化が可能となります。

ローソンは新潟市と連携して、新潟ブランドの米・農産物の生産効率及び付加価値の向上を目指し、地域の活性化と農業の発展を推進してまいります。また、今後全国23か所(2017年7月時点)のローソンファームでも、ICTを活用した生産性向上を目指し、地域の農業の発展に貢献してまいります。

■ 「ローソンファーム新潟」の概要

会社名:

株式会社ローソンファーム新潟  

住所:

新潟県新潟市江南区大淵

面積:

約11.2ha 

代表者:

代表取締役社長 後藤竜佑  

栽培品目:

米(コシヒカリ・コシイブキ・ユウダイ21)長ねぎ・すいか・かんしょ

収穫量:

約50トン(コシヒカリ・コシイブキ・ユウダイ21)  

販売額:

約36.8百万円(2016年度実績)