ニュースリリース

野菜が主役のお弁当シリーズ
5月9日(火)より、ナチュラルローソン店舗
<NL>「ベジめし」スタート

2017年5月8日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、5月9日(火)よりナチュラルローソン店舗(141店:2017年3月末現在)で、ごはんなどの主食を野菜に置き換え、1日に必要な野菜量の約1/3(※1)の野菜(117g)を含む、野菜をメインにした弁当シリーズ「ベジめし」を展開いたします。 ※1 1日分の推奨摂取量:350g以上(厚生労働省「健康日本21」より)


◆写真左:5月9日(火)発売  「トマトチキンのブロッコリー弁当」 税込530円
ご飯の半分以上(当社比)をブロッコリーとカリフラワーへ置き換えました。
十六穀米のごはん、トマトソースをたっぷりかけたチキン、れんこんやかぼちゃ、にんじんなどの食べごたえのある野菜に、豆サラダひじき和え等をあわせました。
大きめにカットした野菜の噛みごたえと、野菜の彩りを楽しめます。
1日に必要な野菜量の約1/3(※1)を摂取できます。
◆写真中:5月9日(火)発売 「ベジタブルカレーサラダ」税込499円
緑黄色野菜をメインにした具材と食物繊維を含むもち麦を、挽肉に大豆ミートを加えたカレーソースで食べるホットサラダです。
カレーのスパイシーな味わいと、大きめにカットした野菜の食べごたえを楽しめます。
1日に必要な野菜量の約1/3(※1)を摂取できます。
◆写真右:発売中 「ビーフンサラダ」税込399円
キャベツや玉ねぎ、ほうれん草等の10品目の野菜にビーフンを添えた、温めて食べるホットサラダです。様々な野菜の食感を楽しめます。
1日に必要な野菜量の約1/3(※1)を摂取できます。

■「ベジめし」のコンセプト
・1日の3分の1の野菜(117g)以上が摂れる(※1)
・1食で満足感を得られるボリュームがある
・主食を野菜で置き換えたメニュー

ナチュラルローソンは、これまで「野菜から食べ始める食事」や「良質なオイルを摂取する」、「食物繊維を摂取する」など、日々の生活に取り入れられる食べ方の提案を行ってまいりました。ナチュラルローソンのサラダの売上高は、1日あたり2万円以上で、ローソンの約3倍以上です。日々の食事で野菜をもっと食べたいというお客様のニーズにお応えし、新たに、主食を野菜に置き換えて食べる「ベジめし」を提案します。