ニュースリリース

コンビニ淹れたてコーヒーとして初の全国展開
5月9日(火)より、全国のローソンで
「MACHI café カフェインレスシリーズ」発売

2017年5月1日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、全国のマチカフェ導入店舗(12,024店:2017年3月末現在)で、カフェインを97%以上カットした「カフェインレスコーヒー」(税込150円)、「カフェインレスアイスコーヒー」(税込200円)、「カフェインレスカフェラテ」(税込200円)、「カフェインレスアイスカフェラテ」(税込200円)を発売します。


左から「カフェインレスアイスカフェラテ(税込200円)」「カフェインレスアイスコーヒー(税込200円)」「カフェインレスカフェラテ(税込200円)」「カフェインレスコーヒー(税込150円)」


今回発売する「MACHI caféカフェインレスシリーズ」は、コロンビア産のアラビカ豆を100% 使用し、化学物質を使用しないウォータープロセス方式(※1)を用いて、カフェインを97%以上 カットしたコーヒーシリーズです。

(※1)カフェイン以外の成分が飽和した水に生豆を浸すことで、生豆からカフェインを抽出する方法です。カフェイン抽出後の生豆を乾燥させたものを焙煎することでカフェインレスコーヒーが仕上がります。


ナチュラルローソンでは、2016年10月より、マチカフェ導入店舗で「カフェインレスコーヒー」(税込150円)を発売しています。Ponta会員データによると、カフェインレスコーヒーの購入者は約75%以上が女性(※2)であり、コーヒーの販売が伸びる朝から午後にかけてだけではなく、夕夜間にも購入されていることがわかりました。

(※2)ナチュラルローソンにおけるホットコーヒーの購入者は約60%が女性


日本のカフェインレスコーヒー生豆の2016年度の輸入量は、2012年と比較して約2倍に伸長(※3)しています。コーヒーを1日に複数杯飲む方や、夜のリラックスタイムに楽しむ方を中心に、カフェインレスコーヒーへの注目が高まっています。

(※3)出典:財務省「貿易統計」