ニュースリリース

レンジで温めて飲むフローズンドリンク
4月18日(火)より、全国のローソン店舗で
「MACHI café フローズンドリンク」2品発売

2017年4月14日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、4月18日(火)より、レンジで温めて飲むフローズンドリンク「マチカフェフローズン キャラメルコーヒー」と「マチカフェフローズン 宇治抹茶」の2種を、全国のローソン店舗(12,313店:2017年2月末現在、「ローソンストア100」除く)で発売いたします。

 


左:「マチカフェフローズン キャラメルコーヒー」税込295円
右:「マチカフェフローズン 宇治抹茶」     税込295円

今回発売する「マチカフェフローズン キャラメルコーヒー」と「マチカフェフローズン 宇治抹茶」は、ブラジル産アラビカ種のコーヒー豆や辻利一本店の宇治抹茶を使い、より高品質なフローズンドリンクに仕上げています。

「マチカフェフローズン キャラメルコーヒー」は、ほのかに甘い香りのキャラメルシロップとブラジル産アラビカ種のコーヒー豆を使用し、キャラメルのコクとコーヒーの苦みをバランス良く仕上げました。トッピングには、北海道産生クリームを使用したアイスにキャラメルソースをかけています。

「マチカフェフローズン 宇治抹茶」は、練乳ベースのみぞれに、辻利一本店の宇治抹茶をブレンドしています。トッピングには、辻利一本店の宇治抹茶を使用したアイスに黒蜜ソースをかけています。黒蜜の甘みが抹茶の風味を引き立てています。

ローソンは、2011年にレンジで温めて飲むフローズンドリンクの販売を開始しました。アイスを温めて飲むという新しい食べ方が話題となり、10代から30代を中心とした女性のお客様にご好評を頂きました。

ローソンは今後も、オリジナルブランド「MACHI café」のノウハウを活用し、付加価値の高い商品を開発してまいります。