ニュースリリース

≪健康への取り組み≫ 気になる糖質量を表示
4月4日(火)から順次 オリジナルデザートと調理パンに
オリジナル商品の「糖質」表記を拡大いたします

2017年4月4日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、4月4日(火)より順次、全国のローソン店舗(12,313店:2017年2月末現在、「ローソンストア100」除く)で販売するオリジナル商品のうちチルドデザートとサンドイッチなどの調理パンの栄養成分表示を変更し「糖質」を表記いたします。

昨今の糖質制限ブームなどから、お客様の糖質への関心が高まっています。ローソンでは、2012年から販売しているブランを使ったパンシリーズやナチュラルローソン菓子シリーズの一部商品に糖質の表記をしています。このたび、新たにチルド温度帯で管理するデザートとサンドイッチ等の調理パンの約60品目で、これまで「炭水化物」としてまとめて表記していた栄養成分表示を、「糖質」と「食物繊維」に分けて表記いたします。糖質量を明記することで、糖質や健康を気にされているお客様のニーズにお応えしてまいります。



ローソンは、糖質の低いブランを使ったパンシリーズや一食分の野菜を摂取できるグリーンスムージー、ナチュラルローソン菓子などの健康関連商品を販売しています。健康関連商品の売上高は年々拡大しており、2016年度は2500億円となりました。2017年度には3000億円を目指しています。今後もローソンはオリジナル健康志向商品の取り扱いやサービスを通じて、「マチの健康ステーション」の実現に向け取り組んでまいります。