ニュースリリース

大阪市営地下鉄内に新たな駅ナカコンビニが誕生
大阪市営地下鉄駅構内ローソン限定商品の品揃えやキャンペーンも
<大阪>3月28日(火)から順次大阪市営地下鉄駅構内に「ローソン」オープン

2017年3月24日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増 貞信)は、大阪市営地下鉄駅構内売店の運営事業者となり、3月28日(火)に「ローソン谷町九丁目駅店」、「ローソン天満橋駅店」、「ローソン 天王寺駅北店」、「ローソン駒川中野駅店」の4店舗を同時にオープンいたします。これらを皮切りに、大阪市営地下鉄駅構内の44店舗を8月上旬にかけて順次「ローソン」としてオープンいたします。

今回オープンする店舗では、大阪市営地下鉄駅構内の店舗限定のおにぎりやお弁当、サンドイッチなどに加え、低糖質のブランパンや健康菓子シリーズなどローソンのオリジナル商品を販売します。また、公共料金の支払いやクレジットカードによる決済などのサービスも継続し、地下鉄の利用者のニーズに対応してまいります。今回の出店に際し、大阪市営地下鉄のうちローソンが出店する7路線のカラーイメージを使用した駅ナカ店舗専用のロゴを新たにデザインしました。新たなロゴは店舗の看板や一部の商品パッケージに使用されます。

ローソンは、今後も独自の品揃えや販促キャンペーンなどを通じて、より多くの地域のお客さまに愛される新しいスタイルの駅ナカコンビニを構築してまいります。

【大阪市営地下鉄 ローソン売店イメージ図】