ニュースリリース

「ユニクロ」の商品が全国のローソン店舗でいつでも受け取り可能にユニクロとローソンが連携し、「コンビニ受取りサービス」を開始

2017年1月6日

株式会社ユニクロ(本社:山口県山口市、代表取締役会長兼社長:柳井 正)と株式会社 ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 会長CEO:玉塚 元一)は、全国のローソン 店舗(12,040店舗:2016年11月末現在、「ローソンストア100」除く)でユニクロの商品を 受け取ることができる「コンビニ受取りサービス」を、今春より開始します。

ユニクロ商品の「コンビニ受取りサービス」は、ユニクロのオンラインストア(http://www.uniqlo.com/)で購入した商品を、自宅や職場の近く、出張先など、24時間(※一部店舗除く)全国どこでもお客様にとって来店しやすいローソンで受け取ることができるサービスです。日ごろ多忙でユニクロ店舗に行くことができないお客様や、オンラインストアで購入しても不在がちで自宅で商品を受け取ることが難しいお客様、出張先や旅行先で購入した服を直接受け取りたいお客様などに最適です。

ローソンは、全国12,000店舗以上の店舗網を活かし、他の企業がローソンの店舗を拠点とした注文・受け取り・宅配サービス網を活用する「オープンプラットフォーム」の構築を進め、店頭での提供サービスの多角化を進めております。
ローソンの「コンビニ受取りサービス」では、現在24の取扱いサイトの商品が、全国のローソン店舗で受け取れます。

ローソンは今後も、お客様にとってさらに便利なサービスの提供を目指してまいります。