ニュースリリース

大分県佐伯市の「しおさいの里」監修
12月6日(火)から大分県のローソンで
<九州地区>「ごまだしちゃんぽん」発売

2016年12月1日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、12月6日(火)から大分県のローソン店舗(171店:2016年10月末時点)で、大分県佐伯市の「しおさいの里」(※)が監修した「ごまだしちゃんぽん」 (税込498円)を発売します。(※)「しおさいの里」は大分県佐伯市上浦にあり、地元の農産物や海産物などの特産品の販売や、遊具を設置した広場などで人気の施設です。「ごまだしチャンポン」は「しおさいの里」の人気のメニューです。

 

「ごまだしちゃんぽん」 税込498円



「ごまだし」は、魚の身やごまをすりつぶし醤油などで味付けした、大分県佐伯市の調味料です。今回発売する「ごまだしちゃんぽん」のスープに、「しおさいの里」で販売されている ごまだしを使用しました。ごまと魚介の風味が楽しめるちゃんぽんです。麺にはスープに絡む太麺を使用しています。

ローソンはこれからも、ご当地メニューなど、地域性のある商品をそろえ、地元のみなさまに  愛されるお店を目指してまいります。