ニュースリリース

健康志向や家事短縮を背景にニーズ拡大9品目のスープをラインナップ

2016年11月14日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、お客様のスープへのニーズの高まりに合わせ、スープメニューを増やしています。大手コンビニエンスストアの中では最も多いメニューとなる9品目目を 11月15日に発売いたします。お客様にお買い求めいただきやすいように、陳列棚を2段で展開しています。



スープ陳列棚



ローソンでは、スープの販売高前年比が10月度215%、11月度(11月11日時点)は280%と大幅に伸長しています。購入者の7割が女性のお客様で、特に20代から40代の女性が購入されています。
健康志向の高まりによる「野菜をたくさん摂りたい」というニーズから、一食に豊富な野菜などの食材が使用され、手軽に栄養素が摂れるスープが、健康を気遣うお客様を中心に人気です。女性の社会進出による家事時間短縮の面や、1人2人世帯の増加と家庭では少量を作りづらいという経済合理性の面から、コンビニエンスストアスープの需要は高まっています。

ナチュラルローソンでは2001年よりスープの対面販売を開始し、2006年にはオリジナル惣菜としてのスープの販売を開始しました。2015年よりレギュラーローソンでもスープ(5品目)の販売を開始しました。これまでのナチュラルローソンでのノウハウや専門家である京都の老舗料亭「菊乃井」の堀知佐子先生のご指導を活用し、今後も様々なスープメニューを開発してまいります。
レギュラーローソンでは11月15日(火)に「餃子と野菜の和風スープ」(税込380円)を、12月6日(火)に「トムヤムクンのフォー」(税込380円)を発売し、ナチュラルローソンでは11月15日(火)に「NL 具だくさん つみれととろろの和風スープ」(税込499円)を発売いたします。

■今後の発売商品



11月15日(火)発売
「餃子と野菜の和風スープ」税込380円

鶏がらベースの和風醤油スープが染み込む薄皮の水餃子と、白菜や玉ねぎなどの 野菜がしっかり味わえます。


 

12月6日(火)発売
「トムヤムクンのフォー」税込380円

生パクチーの風味が楽しめる、フォーと合わせたトムヤムクンのスープです。


11月15日(火)発売※ナチュラルローソンと関東地区の一部のレギュラーローソンで販売
「NL 具だくさんつみれととろろの和風スープ」税込499円
かつお、昆布ベースの出汁にアゴを効かせたあっさりとしたスープに、イワシのつみれや焼きネギなどの野菜をトッピングしました。