ニュースリリース

銀行業参入のための準備会社設立について

2016年10月24日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、本日の取締役会において銀行事業を検討する準備会社の設立を決議しましたので、下記の通りお知らせ致します。準備会社は、これまで展開してきた金融サービスを基盤とし、関係当局の許認可等を前提に銀行の設立準備を進めて参ります。

1.背景・目的
ローソンは「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」という企業理念のもと、生活必需品を提供する物販と、コンサートチケットの取扱い、宅配便取次ぎなどのサービスの両面でマチの課題解決と利便性向上により、お客様の生活支援機能の強化に努めて参りました。

今般、金融分野において、公共料金等の収納代行サービスや共同ATMの設置などに加え、自ら金融サービスを提供する銀行業への参入を検討するための準備会社を設立することを決定致しました。
ローソンは、全国に12,648店舗(2016年9月末現在)あります。その拠点を活かし、お客様の利便性につながり、コンビニエンスストアと銀行のシナジー効果が出せるような新サービスを検討して参ります。

新銀行は、ローソンが生活インフラとしてコンビニエンス事業を展開していることを活かし、口座の資金決済機能などのサービスを通じてさらなる利便性向上に努め、お客様の生活に役立つ金融サービスを展開していくことを目指します。
なお、新銀行の概要、具体的なサービス内容、スケジュール等の詳細は、今後、準備会社にて鋭意検討して参りますが、決まりましたら改めてお知らせ致します。

2.準備会社の概要
(1) 商号    ローソンバンク設立準備株式会社
(2) 所在地    東京都品川区大崎1-11-2
(3) 代表者    代表取締役 会長 岩下 正
(4) 資本金及び資本準備金    10億円
(5) 株主    株式会社ローソン 95%、株式会社三菱東京UFJ銀行 5%
(6) 設立日    2016年11月下旬(予定)

3.業績に与える影響
本件が2017年2月期(及び来期)の連結業績へ与える影響は軽微です。