ニュースリリース

熊本学園大学生が考案した熊本県産食材使用商品
10月18日(火)から九州エリアのローソンで
<九州地区>「メロンパンサンド」発売

2016年10月17日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、2016年10月18日(火)から九州エリアのローソン店舗(1,437店:2016年9月末時点)で、熊本学園大学の学生さんが考案した熊本県産食材を使用したベーカリー「メロンパンサンド(熊本県産晩白柚のペースト入りジャム) 熊本県産小麦粉使用」(税込138円)を発売します。



商品パッケージ画像

商品画像



今回発売する商品は、熊本学園大学商学部の学生さんが「県産品を使用したベーカリー」をテーマに考案したメロンパンサンドです。パン生地には熊本県産小麦粉を使用し、らくのうマザーズの「大阿蘇低温殺菌牛乳」入りホイップクリーム熊本県産晩白柚のペースト入りジャムをサンドしました。牛乳の甘味と柑橘系の酸味を楽しめる商品です。

この「メロンパンサンド(熊本県産晩白柚のペースト入りジャム) 熊本県産小麦粉使用」は、熊本学園大学の学生さんが考案し、ローソンが開発した商品としては2品目となります。2013年4月に発売した「塩バニラホイップサンド(あまくさ晩柑ピール入り)」は約24,000個販売いたしました。

ローソンは、今後も自治体や学校と連携し、地元の食材を使用した商品を県内外で販売することで、地域の活性化に貢献してまいります。