ニュースリリース

ナチュラルローソンでおいしいデカフェ
10月11日(火)からナチュラルローソン店舗で
「MACHI cafe カフェインレスコーヒー」発売

2016年10月7日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、2016年10月11日(火)から、カフェインを約97%カットしたコーヒー「MACHI cafe カフェインレスコーヒー」(税込150円)を、ナチュラルローソンのマチカフェ導入店舗(125店:2016年8月末現在)で発売します。

 


MACHI cafe カフェインレスコーヒー(税込150円)


今回発売する「MACHI cafe カフェインレスコーヒー」は、コロンビア産のアラビカ豆を100%使用し、化学物質を使用しないウォータープロセス方式(※)を用いてカフェインを約97%までカットしたコーヒーです。ウォータープロセス方式で抽出することで、カフェインレスのやさしい口あたりながら、コーヒーの味わいや香りをお楽しみいただけます。ナチュラルローソンでは、1杯ずつ淹れたてを提供する「MACHI cafe」の新商品として提供してまいります。

(※)カフェイン以外の成分が飽和した水に生豆を浸すことで、生豆からカフェインを抽出する方法です。カフェイン抽出後の生豆を乾燥させたものを焙煎することでカフェインレスコーヒーが仕上がります。   

コーヒーを1日に複数杯飲む方や夜のリラックスタイムに楽しむ方などを中心に、“コーヒーは飲みたいけれどカフェインは控えたい”というニーズが高まり、カフェインレスコーヒーへの注目が高まっています。

今年15周年を迎えたナチュラルローソンは、「美しく健康で快適な」ライフスタイルを身近でサポートするお店として、食材や調理法にこだわり、お客様の“健康”をサポートする商品を提供してまいります。