ニュースリリース

訪日外国人にとってのインフラを目指して
決済方法や免税サービスなども更に充実
ローソンATMで海外カードの取り扱い拡大

2016年9月21日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は2016年9月28日(水)より順次、連結子会社の株式会社ローソン・エイティエム・ネットワークス(本社:東京都品川区)を通じて、ローソン店舗に設置されているATMで海外発行のJCB、Visa、MasterCardの取り扱いを開始いたします。 まずは9月28日(水)より、JCBはすべてのローソンATM(11,414台/2016年8月末現在)で、Visaは現在導入を進めている新型のローソンATM(2,327台/2016年8月末現在)で、日本円の引き出しが可能になります。また、10月25日(火)より、上記新型ATM でMasterCardによる日本円の引き出しが可能になります。

<ローソンATMでの海外発行カードの取り扱い状況>

カード銘柄

取扱い開始日

対応ATM

ATM台数(8月末)

JCB(海外発行)

9月28日(水)

全ATM

11,414台

Visa(海外発行)

    9月28日(水)

新型ATM(※)

2,327台

MasterCard(海外発行)

10月25日(火)

新型ATM(※)

2,327台

銀聯(海外発行)

(既に取扱い中)

全ATM

11,414台

※新型ATMは年間1,500~2,000台のペースで導入を進めており、2020年を目途に導入完了の予定です。
ローソン・エイティエム・ネットワークスでは、不正取引の対策として、海外発行カードの一回あたりの引き出し限度額を5万円に設定しているほか、常時モニタリング等を行い異常取引の検知に努めています。

その他ローソンのインバウンド対応策
◆全店舗で銀聯、Visa、MasterCardなどのクレジットカードによる買い物の決済が可能
◆空港やホテル立地などの9店舗で電子決済サービス「支付宝(Alipay)」による決済が可能
◆60店舗で免税サービスを実施中。2016年度中に100店舗以上へ拡大予定
◆おにぎりや手巻寿司、PB商品「ローソンセレクト」のパッケージに商品名の英語表記を印字
◆中国のSNS「微博(Weibo)」と「微信(WeChat)」で公式アカウントを開設し、ローソンの情報を発信中

訪日外国人観光客によるローソンでの購入商品は、飲料や牛乳、おにぎりなどに加え、お土産用の菓子や日用品など広範囲にわたります。決済方法の多様化や日本円の引き出しなど、サービスの充実を図ることで、ローソンをより便利にご利用いただけます。
今後も、ローソンは全国1万2千店以上の店舗網を生かし、外国人観光客の快適な日本滞在の一助になるよう、各種サービスの整備と拡充に取り組んでまいります。