ニュースリリース

管理栄養士が開発した人気サラダシリーズに新メニュー登場
4月5日(火)より全国のローソン店舗で
「香草焼きサーモンのボウルサラダ」発売

2016年3月29日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、4月5日(火)より、全国のローソン店舗(11,586店:2016年2月末現在、「ローソンストア100」を除く)で、ハーブをまぜたパン粉をつけて焼いたサーモンをのせた“ごはんの主役になるサラダ”「香草焼きサーモンのボウルサラダ」(税込450円)を発売します。



「香草焼きサーモンのボウルサラダ」(税込450円):1食あたり熱量156kcal、糖質8.0g



今回発売する「香草焼きサーモンのボウルサラダ」は、一口大にカットしたアトランティックサーモンにローズマリー入りのパン粉をつけて焼き上げ、大根、レタス、人参、玉ねぎ、トマトなどの野菜とクリームチーズの上にトッピングした“ごはんの主役になるサラダ”です。
生野菜の量を増やし、アンチョビ、オリーブオイル、オレガノ、ガーリック、レモン果汁、りんご酢などを使用した酸味のきいたイタリアンドレッシングを合わせることで初夏に食べやすいさっぱりした味わいに仕上げました。オーブンで焼くことで甘みを引き出した焼玉ねぎ、酸味のあるキャロットラペ、コクのあるクリームチーズなど、様々な味わいの具材を組み合わせることで、最後まで飽きずにお召し上がりいただけます。

「ボウルサラダ」シリーズは2015年9月に販売を開始し、今回が第5弾目の商品となります。特に30~40代の女性のお客さまからご好評いただいています。ブランパンやグリーンスムージーと一緒に購入いただくことが多く、またリピートも多い商品で、健康に気遣う方に継続してご購入いただいています。
※Pontaカードデータ分析による(2016年3月1日~7日)

ローソンは今後も、お客様の“健康”を“おいしく”サポートする商品を発売してまいります。