ニュースリリース

道産食材を使って、地産地消を推進!
2月4日から北海道内のローソン店舗で
【北海道】「北海道味紀行第4弾~空知・石狩・後志地域編~」開催

2016年2月1日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、2月4日(木)より、北海道内のローソン店舗(631店:2015年12月末現在)で、北海道と協働し、道産食材を使用した商品を通じて地域活性化を推進する「北海道味紀行」を開催します。 今年度第4弾となる“空知・石狩・後志地域編”では、「北海道ジンギスカン焼そば」や「ガタタン風春雨スープ」など6商品を期間限定で発売いたします。



左から:「札幌スープカレー」(税込498円)、「北海道ジンギスカン焼そば」(税込480円)、「ガタタン風春雨スープ」(税込360円)、「メロンケーキデニッシュ(新十津川産赤肉メロン果汁使用)」(税込130円)



ローソンと北海道は、2008年2月に包括連携協定を締結し、食の振興や環境に関する取組みを中心に北海道の地域活性化にむけて活動しています。その一環として「北海道味紀行」を開催し、道内の各地域の食材を使用した商品やご当地の人気商品を販売するほか、観光・イベント情報の発信を通じて地域の活性化を応援いたします。
対象商品に貼付されているQRコードから、各振興局の情報を基に「シーニックバイウェイ北海道」が制作している、地域観光情報が掲載されている専用のホームページをご覧いただけます。
北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」、ご当地キャラクター「臼子ねぇさん(浦臼町)」、「さけ太郎・さけ子(石狩市)」、「チロべし(後志総合振興局)」がポスターに登場し、一緒に企画を盛り上げてまいります。
ローソンは今後も、各地の食材を使った商品の販売を通じて、地域の活性化を応援してまいります。


■北海道味紀行 第4弾~空知・石狩・後志地域編~2月4日(木)発売商品一覧




「札幌スープカレー」(税込498円)

札幌名物のスープカレーを商品化しました。海老の旨みと香辛料がきいたスープに北海道産のキャベツとじゃがいも、チキン、オクラ、かぼちゃなどをトッピングした具だくさんのスープカレーです。





「北海道ジンギスカン焼そば」(税込480円)

「北海道ジンギスカン焼そばの会」監修商品です。北海道産小麦を使用した麺に、老舗調味料メーカー「ソラチ」のジンギスカンタレを絡ませ、フルーティーで旨みのあるラム肉、ニンジン、ピーマン、もやしをトッピングしました。
※「北海道ジンギスカン焼そばの会」は、北海道の食材や食文化の普及を図るとともに、地域の外食産業の発展に貢献するために発足された団体です。




「ガタタン風春雨スープ」(税込360円)

北海道芦別市のご当地グルメ「ガタタン」とは、具だくさんでとろみのある中華風スープです。とろみのある鶏ガラベースの塩味スープに、12種(白菜、人参、ふき、こんにゃく、ちくわ、かまぼこ、いか足、椎茸、きくらげ、豚肉、白玉、玉子)の具材をあわせました。


「メロンケーキデニッシュ(新十津川産赤肉メロン果汁使用)」
(税込130円)

新十津川産赤肉メロン果汁
をビスケット生地、スポンジケーキ、クリームに使用した風味豊かなデニッシュパンです。クリームとスポンジケーキをサクサクのデニッシュ生地で包むことで、メロンの味わいと生地の食感の違いをお楽しみ頂けます。




「らーめん信玄 コク味噌」(税込298円)

石狩市発祥の人気ラーメン店「らーめん信玄」監修の元、看板メニューである味噌ラーメンの味わいを即席麺で再現しました。「信玄」の特徴である、甘みとコクのある味噌味のスープに、生めんのようなコシともっちりとした食感のノンフライ麺をあわせました。




「高橋牧場 ニセコのむヨーグルト」(税込194円)

新鮮な牛乳を低温殺菌し、乳酸菌を加えゆっくり育てたのむヨーグルトです。濃厚でほどよい甘さと酸味のある味わいです。