ニュースリリース

「グリーンスムージー」が累計販売数1700万本を突破!
2月9日(火)から全国のローソンで
スムージー第3弾「パープルスムージー」発売

2016年1月22日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、2月9日(火)より、健康志向なナチュラルローソンブランドのスムージーシリーズ第3弾となる「マキベリー入りパープルスムージー」(税込178円)を全国のローソン店舗(11,443店:2015年12月末現在、「ローソンストア100」を除く)で発売します。2015年5月に発売された第1弾の「グリーンスムージー」は、約8か月で累計販売数1700万本を突破する大ヒットとなっています。また、同ブランドのチルド飲料「生きて腸まで届くビフィズス菌ドリンクヨーグルトチアシード入り<マスカット>」(税込185円)を1月26日(火)より発売します。


2/9(火)発売「マキベリー入りパープルスムージー」 (税込178円)


Pontaカード会員データによると、30~40代の女性のお客様に朝の時間帯に繰り返し購入されています。今回発売する「マキベリー入りパープルスムージー」 (税込178円)には、栄養価の高さから注目されているスーパーフード「マキベリー」を使用しています。4種の野菜(紫にんじん、紫いも、にんじん、さつまいも)と7種の果実(マキベリー、ぶどう、リンゴ、ラズベリー、クランベリー、ブルーベリー、レモン)をあわせたフルーティーな味わいで、忙しい朝でも手軽に1食分の野菜118g(厚生労働省「健康日本21」による)を摂取出来ます。


1/26(火)発売
「生きて腸まで届くビフィズス菌ドリンクヨーグルトチアシード入り

<マスカット>」(税込185円)
食感のアクセントとなるチアシードとマスカット果汁をあわせた、すっきり爽やかな味わいのヨーグルトドリンクです。
オメガ3脂肪酸、生きて腸まで届くビフィズス菌BB-12を摂取出来ます。


ローソンは今後も、お客様の“健康”を“おいしく”サポートする商品を発売してまいります。