ニュースリリース

高齢者とそのご家族の安心な生活をサポート
1月15日(金) 「ローソン宇部中央町一丁目店」
西日本初となるケア(介護)拠点併設型店舗オープン

2016年1月8日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)と株式会社河村福祉サービス(本社:山口県宇部市、代表取締役社長:河村高志、以下「河村福祉サービス」)は、2016年1月15日(金)に、河村福祉サービスの子会社の株式会社河村商事がフランチャイズ(FC)オーナーとなり、介護相談窓口やサロンスペースなどを併設したケア(介護)拠点併設型店舗の山口県内1号店「ローソン宇部中央町一丁目店」(山口県宇部市)をオープンいたします。

ローソンは、高齢化や健康意識の高まりを受け、社会変化に対応した次世代コンビニモデルの構築に取り組んでいます。今回オープンする店舗は、通常のコンビニ機能に加え、ケアマネジャーまたは相談員が駐在する介護相談窓口を店内に併設しているほか、自治体や地域の情報などを提供し、地域の皆さんの交流の場にしていただけるサロンスペースも設置した、西日本初の「ケア(介護)拠点併設型店舗」です。山口県を中心に地域に密着した介護サービスを展開している河村福祉サービスが併設する介護相談窓口を運営し、河村商事がローソンのフランチャイズオーナーとなりローソン店舗を運営します。

ローソンと河村福祉サービスは、お互いの持つ専門性を生かし、アクティブシニアから介護を必要とされるシニアの方およびそのご家族の方々など、地域の皆様の健康で安心な生活をサポートする機能を付帯した新たなコンビニモデルを構築してまいります。



<ローソン宇部中央町一丁目店 : 店舗外観および内観イメージ>



ローソンはこれまでに、ケア(介護)拠点併設型店舗を、埼玉県で2店舗、新潟県で1店舗、合計3店舗展開しています。これらの店舗では、コンビニの標準的な商品に加え、介護食や小分け惣菜、生鮮品、米菓・和菓子などを品揃えし、シニア・ご家族の方々を中心に大変ご好評頂いています。

ローソンは今後、都市部を中心に地域に密着した介護事業者と連携し、2017年度末までに30店舗の ケア(介護)拠点併設型店舗出店を目指しています。


【ローソン宇部中央町一丁目の概要】


店舗住所


山口県宇部市中央町1丁目10番30号

営業時間

24時間




(介護相談窓口は 月曜日~日曜日 8:30~17:30 (お盆・年末年始を除く))

店舗面積

73坪




(売場面積:57坪、介護相談窓口:約4坪、サロンスペース:約7坪)


取扱アイテム数    

約4,000種類(うち介護関連商品:約200種類) (予定)

主な特徴

1)ケアマネジャーまたは相談員が駐在する、河村福祉サービスが運営する介護相談窓口を併設

2)元気で安心できる地域コミュニティをサポートする場として、自治体等地域関連情報も提供するサロンスペースを設置

3)コンビニの標準的な商品に加え、シニアの方々にお馴染みの菓子、日用品、 雑誌・書籍や介護関連商品を品揃え




【両社の概要】

株式会社河村福祉サービス


所在地    


山口県宇部市相生町4番2号

代表者

代表取締役社長 河村 高志

主な事業内容

居宅介護支援、通所介護、訪問介護、身体障害者居宅介護、介護用品販売
福祉用具および医療機器販売・貸与、住宅改修、サービス付高齢者向け住宅
高齢者専用賃貸住宅、小規模多機能型居宅介護、短期入所、太陽光発電
有料老人ホームの運営

資本金

3,000万円

設立年月

1994年5月



株式会社ローソン

所在地  

東京都品川区大崎一丁目11番2号

代表者

代表取締役社長 玉塚 元一

主な事業内容

コンビニエンスストア「ローソン」のフランチャイズチェーン展開


資本金

58,506百万円


設立年月

1975年4月