ニュースリリース

甘みが特徴の淡路島産玉ねぎを使用
12月8日(火)から、全国のローソンで
「からあげクン サワークリームオニオン味」発売

2015年12月7日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一)は、12月8日(火)から全国のローソン(11,270店:2015年10月末現在、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」除く)で、淡路島産の玉ねぎを使用し、サワークリームオニオン風味に仕上げた「からあげクン サワークリームオニオン味」(税込216円)を、約210万食の数量限定で発売します。



今回発売する「からあげクン」は、ディップソースやスナック菓子で人気のあるサワークリームオニオン味です。「からあげクン サワークリームオニオン味」では、淡路島産玉ねぎのペーストにサワークリーム風味のシーズニング(調味料)を混ぜ合わせて、国産若鶏の胸肉を漬け込みました。淡路島産玉ねぎの甘みとサワークリームの酸味、鶏肉の旨みをお楽しみいただけます。

淡路島は、温暖な気候と長い日照時間、排水のよい土壌など、玉ねぎの生産に適した条件が揃っています。柔らかい食感と甘みが特徴の淡路島産の玉ねぎは、収穫後に「玉葱小屋」に吊り下げられ、ゆっくりと自然乾燥させることで、甘みがより一層増します。
今回、約210万食のからあげクンに対し、淡路島たまねぎを約700kg使用しました。

ローソンは、今後も地域の特産品を使用した商品を開発・販売し、地域の活性化に貢献してまいります。