ニュースリリース

手軽にロカボ(=緩やかな糖質制限食)を実践できる
世界糖尿病デー(11月14日)に合わせ、11月10日(火)から
糖質を最大約35%カットした調理麺を発売

2015年11月5日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一)は、「世界糖尿病デー(11月14日)」に合わせ、11月10日(火)から、全国のローソン店舗(11,346店:2015年9月末現在、「ローソンストア100」除く)で、1食あたりの糖質量を最大約35%カットした調理麺「糖質が気になる方へ ベーコンとトマトソース」(税込430円)と「糖質が気になる方へ たっぷり野菜麺~醤油味~」(税込498円)を発売します。

ローソンは、2012年6月に穀物の外皮(ブラン)を使用した「ブランパン」の販売を開始しました。糖質を気にされているお客様などに大変好評いただき、ブランを使用した商品(パン・菓子類)は、2015年9月末までに累計8,500万食以上を販売しました。
このたび主食になる麺類で糖質を抑えた商品を発売し、低糖質メニューを拡大いたします。




「糖質が気になる方へ ベーコンとトマトソース」
(税込430円)糖質量:35.3g


小麦粉の一部を穀物由来の食物繊維に置き換えて糖質量を減らした麺に、高リコピントマトピューレとイタリア産トマトを使用したトマトソースを合わせ、3種類のチーズとベーコンをトッピングしました。当社の同規格商品(同重量の麺量)と比較し、糖質量を約35%減らしました。




「糖質が気になる方へ たっぷり野菜麺~醤油味~」
(税込498円)糖質量:33.7g


小麦粉の一部を穀物由来の食物繊維に置き換えて糖質量を減らした麺に、鶏ガラベースに煮干し・宗田節を加えた醤油スープを合わせ、焼豚とたっぷりの野菜(キャベツ・もやし・玉ねぎ・小松菜・人参)をトッピングしました。1日に必要な野菜量の1/3が摂れます(※)。当社の同規格商品(同重量の麺量)と比較し、糖質量を約11%減らしました。

※厚生労働省「健康日本21」による1日の野菜摂取目標量350g以上を根拠に算出

■ロカボとは
糖尿病専門医の山田悟医師(一般社団法人 食・楽・健康協会代表理事、北里研究所病院 糖尿病センター長)が提唱する、1日の糖質量を70~130g(1食20~40g、間食10g)とする「緩やかな糖質制限食」のことです。

■糖質量を記載したマーク
「ブランパン」などの糖質を抑えた商品には、一目で糖質量がわかるマークをつけてお客様が選びやすいよう工夫しています。