ニュースリリース

道産食材を使って、地産地消を推進!
11月10日から北海道内のローソン店舗で
【北海道】「北海道味紀行第3弾~宗谷・上川・留萌地域編~」開催

2015年11月5日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、11月10日(火)より、北海道内のローソン店舗(625店:2015年9月末現在)で、北海道と協働し、道産食材を使用した商品を通じて地域活性化を推進する「北海道味紀行」を開催します。 今年度第3弾となる“宗谷・上川・留萌地域編”では、「富良野名物オムカレー」や「旭川しょうゆホルメン」など8商品を期間限定で発売いたします。




左から : 「富良野名物オムカレー」(税込498円)、「直巻 数の子おかかマヨおにぎり」(税込140円)、「レンジ旭川しょうゆホルメン」(税込498円)、「やっぱ道産っしょ!豚汁」(税込330円)、「黒豆のデニッシュ(旭川産黒大豆「黒い恋人」の甘納豆使用)」(税込130円)



ローソンと北海道は、2008年2月に包括連携協定を締結し、食の振興や環境に関する取組みを中心に北海道の地域活性化にむけて活動しています。その一環として「北海道味紀行」を開催し、道内の各地域の食材を使用した商品やご当地の人気商品を販売するほか、観光・イベント情報の発信を通じて地域の活性化を応援いたします。
対象商品に貼付されているQRコードから、各振興局の情報を基に「シーニックバイウェイ北海道」が制作している、地域観光情報が掲載されている専用のホームページをご覧いただけます。
北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」、ご当地キャラクター「あさっぴー」、「りんぞうくん」、「KAZUMOちゃん」がポスターに登場し、一緒に企画を盛り上げてまいります。
ローソンは今後も、各地の食材を使った商品の販売を通じて、地域の活性化を応援してまいります。


■北海道味紀行 第3弾~宗谷・上川・留萌地域編~11月10日(火)発売商品一覧



「富良野名物オムカレー」(税込498円)
富良野産人参ジュースを入れて炊いたごはんに卵焼とカレーをあわせました。カレーソースに使用しているワイン玉ねぎ、具材の玉ねぎ、人参、じゃがいもは富良野産です。富良野のご当地メニューである“オムカレー”を通じて地域の活性化を推進するまちおこし団体、「富良野オムカレー推進協議会」と富良野緑峰高等学校の生徒さんたちとの共同開発商品です。


「直巻 数の子おかかマヨおにぎり」(税込140円)
おかか入りのごはんで、辛子マヨネーズをあえた留萌加工の数の子を包みました。おかかの風味と数の子のプチプチとした食感をお楽しみいただけます。


「レンジ旭川しょうゆホルメン」(税込498円)
「旭川ラーメン」の発展と旭川のまちおこしにつながる活動を行う「旭川しょうゆホルメン倶楽部」監修商品です。北海道産小麦を使用した中華麺に、臭みが少なく柔らかいホルモン、キャベツ、メンマ、ねぎ、鷹の爪をトッピングしました。ホルモンの旨みがきいた醤油味のスープと麺がよくからみます。


「やっぱ道産っしょ!豚汁」(税込330円)
富良野産のじゃがいも、人参、タマネギ道北産のキャベツを使用した、具だくさんの豚汁です。



「黒豆のデニッシュ(旭川産黒大豆「黒い恋人」の甘納豆使用)」(税込130円)
北海道産小麦「ゆめちから」を使用したデニッシュ生地に、旭川産黒大豆「黒い恋人」の甘納豆をトッピングしました。しっとり、もちもちとした食感をお楽しみいただけるデニッシュです。


左:「石崎商店 たこ天」(税込248円)
稚内産の魚肉に、たこを練りこんだ食感が楽しめるさつま揚げです。
右:「石崎商店 いか天」(税込248円)
稚内産の魚肉に、いかを練りこんだ食感が楽しめるさつま揚げです。


「大東食品 りんぞう君」(税込227円)
稚内で水揚げされた帆立貝のひもを伸ばし、乾燥させた珍味です。パッケージには稚内市の観光キャラクター「りんぞうくん」が印刷されています。コリコリとした食感と帆立の本来の味わいをお楽しみいただけます。