ローソンオーナーになったきっかけは?

紳士服店で店長を14年間ほどやってきて、自分のやりたい事と会社の方針にギャップが出てきました。もやもやした気持ちのまま働いているのは会社にも失礼だし、自分らしくないと思い、自らお店をやろうと、ローソンに加盟しました。説明会で話を聞いたのちにすぐに物件を紹介していただき「この場所なら良さそうだ」と、運命を感じました。妻も接客経験があり専従者としてお店に入ってくれたのは心強かったですね。ローソンを始めてみて驚いたのは、1日に来店されるお客様の数が非常に多い事。そして、お客様の数の上下のブレが少ないこと。以前いた業界では1日にこんなにたくさんのお客様と接することはなかったので、オープン当初は本当に驚きましたね。

この仕事の醍醐味は?

声が小さい子が、大きな声で笑顔で挨拶するようになり、レジがうまくできない子が、早く正確に対応できるようになる。人の成長がなによりの醍醐味です。このお店では新人のクルーに、まずは挨拶だけしっかりやりましょう、と言っています。難しいことをやってもらおうとは思っていません。挨拶が出来れば自然と明るくなる。会話ができる。一体感が生まれる。ですから、来た時と帰りは必ず全員に挨拶をする習慣にしています。

今後のビジョンは?

実はオープン当初、私が気負って全ての仕事をしていました。しかし、限界に達し仕事がまわらなくなってしまった事がありました。その時に気付いたのが、チームでお店を運営すること。一緒にお店をつくり、私はむしろ裏方にまわる。そうすることで人が成長し、2店舗目をオープンするまでになりました。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

週に1日は休んでいます。ゆっくりする日もありますが、休みの日でも他のお店を見に行って接客や商品をチェックしています。競合店で買い物をすることもありますよ。

他のオーナーの
インタビューも見る