矢崎 洋平オーナー

先輩オーナーインタビュー それぞれのオーナーにある、それぞれのストーリーを紹介しています。

  • 説明会について
  • オーナー募集店舗
  • 地域特集ページ
  • 契約タイプから探す
  • ローソン本部が土地・建物を用意するタイプ
  • オーナーに土地・建物を用意して頂くタイプ
  • 契約社員経験後に独立する制度
  • FCオーナー・インターン制度
  • オーナー情報
  • オーナーの主な仕事
  • 先輩オーナーのインタビュー
  • マネジメントオーナー紹介
  • 女性オーナー特設ページ
  • ローソンについて
  • ローソンの特徴
  • トップメッセージ
  • ローソンの強み
  • よくあるご質問
  • オーナーサポート制度
  • 経営のサポート
  • 生活のサポート
  • ヘルスケアローソン
  • LAWSON STORE 100 フランチャイズオーナー募集
  • 「ローソンで働く人への独立支援制度」についてはこちらから
  • その他、店舗・商品・サービスに関するご意見・お問い合わせはこちらから
  • 出店事例・物件募集 土地・建物の有効活用はこちらから
複数店経営オーナー
矢崎 洋平オーナー

5年後の40歳には10店舗の展開を目指しています!

  • 山梨県
  • ローソン 甲府高畑三丁目店 他3店舗

ローソンオーナーになるきっかけ

前職は東京の小売店で靴の販売を担当していました。私が小学生の頃から両親は他のコンビニチェーンに加盟し、経営者として働いていた関係でコンビニの業務には親しみがあり、学生時代からコンビニでアルバイトもしていたのですが、当時は経営者になろうとまでは考えていませんでした。ですが、いざ地元に戻って生活していこうと考えた時に自分が何をやりたいのかと自問すると、思い出すのは両親がコンビニエンスストアで経営者として働いている姿。その頃には両親は既に他のコンビニチェーンのオーナー業を引退していたため、新たに自分がオーナーになろうと様々なチェーンを比較検討する中で、「事業として多店舗展開を行っていきたい」という自分のビジョンに最も合っており、商品力が最も高いチェーンがローソンだと思い、加盟を決意しました。

この仕事の醍醐味

今でも覚えていますし、きっとこれからも忘れないと思うのですが、1号店が開店して最初のお客様は私の父親でした。自分が子供の頃からコンビニエンスストアのオーナーとして店舗を経営していた父が、引退後に息子である私の最初のお客様になってくれたというのはとても感慨深いものがありました。醍醐味は人財育成でしょうか。私は常にお客様の目線になって、気になったことはしっかりスタッフに伝えるようにしています。個人個人の個性を尊重して、一緒に問題点とその改善方法を考えてもらう。その後スタッフが一人で出来るようになっていると、やはり嬉しいです。

これから

現在は35歳で4店舗の経営を行なっていますが、40歳になる5年後までには10店舗を経営するMO(マネジメントオーナー)になりたいと思っています。もちろんただ店舗数を増やすということではなく、地域に根付いた、マチのお客様に愛されるお店づくりをしていきたいですし、その準備も進めているところです。各店の店長には店利益の向上を目指すように意識を高めて、各店がしっかりと目標を達成出来るような仕組みを作っていきたいと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方

子供が生まれたばかりということもあって、週に1度は必ず休みを取って子供と過ごすようにしています。会社員時代と違ってシフトを自分が作っているため休みをどのタイミングで入れるかはコントロール出来ますし、週に1度必ず休みを入れることで心と体をリセットすることも出来るようになりました。

このオーナーは甲信越地域のオーナーです。甲信越地域のページを見る
テーマ別オーナーインタビューに戻る
このページのトップ
お問い合わせ先
0120-01-3963(9:00〜21:00 年中無休)
お問い合わせ