北村 康行オーナー

先輩オーナーインタビュー それぞれのオーナーにある、それぞれのストーリーを紹介しています。

  • 説明会について
  • オーナー募集店舗
  • 地域特集ページ
  • 契約タイプから探す
  • ローソン本部が土地・建物を用意するタイプ
  • オーナーに土地・建物を用意して頂くタイプ
  • 契約社員経験後に独立する制度
  • FCオーナー・インターン制度
  • オーナー情報
  • オーナーの主な仕事
  • 先輩オーナーのインタビュー
  • マネジメントオーナー紹介
  • 女性オーナー特設ページ
  • ローソンについて
  • ローソンの特徴
  • トップメッセージ
  • ローソンの強み
  • よくあるご質問
  • オーナーサポート制度
  • 経営のサポート
  • 生活のサポート
  • ヘルスケアローソン
  • LAWSON STORE 100 フランチャイズオーナー募集
  • 「ローソンで働く人への独立支援制度」についてはこちらから
  • その他、店舗・商品・サービスに関するご意見・お問い合わせはこちらから
  • 出店事例・物件募集 土地・建物の有効活用はこちらから
複数店経営オーナー
北村 康行オーナー

目標は10店舗。
小学生の息子も
将来はローソンを
やりたいと言っています。

  • 岐阜県
  • ローソン 大垣番組町店
    他2店舗

ローソンオーナーになるきっかけ

学生時代は日本語の教師を目指し勉強をしていました。資格取得を目指している最中にローソンでアルバイトをしていたのですが、ある時「店長をやってみない」とオーナーから誘われ経験させていただきました。その後10年以上店長を続ける中で「もっとこうやったらいいのに」と自分でやってみたい気持ちがどんどん強くなり、自分でお店を持つ決意をしてローソンで開業しました。正直、オープン当初は厳しい状況でしたが、私は3年後、5年後の目標を定め、クルーと共有し「一緒に前を向いて目標を達成しよう」と言い続けてきました。その結果、現在3店舗に成長し、数字が厳しかったその1店舗目は現在まで3年間ずっと110%程度の成長を続いています。

この仕事の醍醐味

クルーが過去を振り返った時に、うちのお店を卒業して良かったと思ってもらいたいんです。私は常日頃から目標設定をして強い心を持つようにと言っているので、仕事のスキルアップはもちろんですが、メンタル面でも成長して欲しいと願っています。実際、うちの店舗を卒業したクルーの就職率が高いのが自慢です。

これから

私は1店舗目のオープン時から将来はローソン独自のMO制度にチャレンジし10店舗以上を経営してみたいと目標に置いています。ですので、3店舗の現在はまだまだ道半ばです。人も育っているのでこれからさらなる展開に進んでいきたいと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方

毎年1週間、夏休みを取っています。今年は海外に行く予定です。私がいない時にクルーさんが大失敗しても良いと思っているんです。全てが経験ですから。ONとOFFはしっかり分け、自分がリフレッシュすると共に、自分がいなくても回るお店を作っています。

このオーナーは東海・北陸地域のオーナーです。東海北陸地域のページを見る
テーマ別オーナーインタビューに戻る
このページのトップ
お問い合わせ先
0120-01-3963(9:00〜21:00 年中無休)
お問い合わせ