鈴木 幸太オーナー

先輩オーナーインタビュー それぞれのオーナーにある、それぞれのストーリーを紹介しています。

  • 説明会について
  • オーナー募集店舗
  • 地域特集ページ
  • 契約タイプから探す
  • ローソン本部が土地・建物を用意するタイプ
  • オーナーに土地・建物を用意して頂くタイプ
  • 契約社員経験後に独立する制度
  • FCオーナー・インターン制度
  • オーナー情報
  • オーナーの主な仕事
  • 先輩オーナーのインタビュー
  • マネジメントオーナー紹介
  • 女性オーナー特設ページ
  • ローソンについて
  • ローソンの特徴
  • トップメッセージ
  • ローソンの強み
  • よくあるご質問
  • オーナーサポート制度
  • 経営のサポート
  • 生活のサポート
  • ヘルスケアローソン
  • LAWSON STORE 100 フランチャイズオーナー募集
  • 「ローソンで働く人への独立支援制度」についてはこちらから
  • その他、店舗・商品・サービスに関するご意見・お問い合わせはこちらから
  • 出店事例・物件募集 土地・建物の有効活用はこちらから
複数店経営オーナー
鈴木 幸太オーナー

21歳で独立し複数店を経営。
新潟エリアを一層盛り上げたい!

  • 新潟県
  • ローソン 荒川十文字店
    他2店舗

ローソンオーナーになるきっかけ

元々親が新潟でローソンを経営していて、自分も高校卒業後3年間社員として働いていました。接客が好きで力を試してみたかったので、その後自らお店を持つ決意をしました。21歳の時です。オーナーとしてお店を経営してみると、それまでの仕事とはまるで景色が違いました。社員として働いていた時は与えられた仕事をしっかりこなしていれば良かったのですが、オーナーになってみると全てをパーフェクトにやらなければいけないと思い込み、自分で仕事を抱え込んでしまいました。そして、一から全部自分でこなし休みなく働いた結果、1年後に入院。その時初めて「いろんな人に助けられてお店が成り立っているんだな」と実感しました。

この仕事の醍醐味

そこから人を育成する事に重きをおいて、仕事をどんどん任せていきました。3年目あたりから売上が安定化して社員に大きな仕事を任せていきたいという気持ちもどんどん大きくなっていきました。そして、活躍していたクルーを育て専従者として店長に置き2012年4月に2店舗目をオープン。さらにもっと成長させたいクルーもいたので2012年には3店舗目をオープン。今は3店舗に3人の店長を置いて、自分はお店には入らず客観的に3店舗を見て回り、店長とミーティングをしています。自分が大切にしているのは本気の言葉で話す事。年齢に関係なく困った時は助けてもらうし、自分も全力で助ける、家族だと思って一緒に会社を大きくしていこうと話しています。

これから

ローソン本部には次々と新たな商品を展開していただいています。それを現場で体現するのが私達の役目ですから、自分も積極的に新しいツールは取り入れるようにしています。例えば「まちかど厨房」。これはオムライスなどの人気商品を店内で調理するものですが、お客さまに大変好評です。幸い地域に定着していて売上も安定していたお店なので、チャレンジして成功することができました。ローソンの商品力は非常に強力な武器となっています。今後は「ローソン独自の制度」のマネジメントオーナーに認定されるように経営を行っていきたいと思います。そして、新潟支店を一層盛り上げていけるようなオーナーになりたいと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方

特定の休みはないのですが、事前に決めておけば安心して休みは取れます。最近ゴルフを始めて、多くの仲間達と一緒にいくこともありますよ。

このオーナーは甲信越地域のオーナーです。甲信越地域のページを見る
テーマ別オーナーインタビューに戻る
このページのトップ
お問い合わせ先
0120-01-3963(9:00〜21:00 年中無休)
お問い合わせ