ローソンオーナーになったきっかけは?

小売業界に勤めていた時から「自分で独立して何かやってみたい」という思いは持っていました。独立と言っても会社員が何かやるにはリスクが大きい。そんな中、身近にあったのがローソンのフランチャイズ加盟でした。フランチャイズはトップダウンのイメージが強かったのですが、ローソンはその印象もなく、知り合いと共にお店をオープンさせました。当初は家族も心配していましたが、自分のプランを根気良く伝えることで納得して賛同してもらいました。スタート時には近くに競合があったこともあり、まずは自分が寝る間を惜しんでガムシャラに働きました。3年目あたりで「もっと焦らず計画的に働いた方がいい」と言われ、自分も考え方が「先は長いのだから計画的にやっていこう」と変わっていきました。

この仕事の醍醐味は?

オーナー人生20年の中で最も想い出深かったのが、お客さまから手紙をもらったことです。その方は元教師で88歳の女性だったのですが「私はここで毎朝新聞を購入しています。その時にひと声掛けられると、私も日々いろいろな事がありますが今日も1日頑張ろうと思えるのです」といただきました。この時は心底お店の経営をやっていて良かったと思いましたね。

今後のビジョンは?

私は11年目に念願の2店舗目をオープンしました。2人の息子も会社に入ってくれ、マネジメントオーナー(MO)の話があった時も、現状維持なのかその先に進むのか、迷いもありましたが息子がいることで新しい一歩を踏み出す決意が出来ました。今後の私のミッションとしてはマネジメントオーナー(MO)として組織を発展させていくことです。その為にもいかにして私の考え方を息子に伝えていくかが重要だと思います。時間が掛かることだと思いますので、期限は決めずにじっくり深く浸透させていけば良いと思っています。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

時間があればカラオケやゴルフに行っています。定休日というのは決めていません。お店に来るのが生活の一部なので、ゴルフから帰って来ても店に顔を出しますよ。

他のオーナーの
インタビューも見る