ローソンオーナーになったきっかけは?

元々ローソンで店長をしていました。始めた動機は単純なものでしたが、その店舗のオーナーさんに挨拶〜接客まで社会人としての基礎を教えていただき、次第に発注なども任せてもらえるようになり、「この仕事は面白いな。オーナーになるのも良いかも」と思いました。両親が自営業だったこともあり、強いブランドを背負って商売ができるメリットも感じていました。開業にあたり母を専従者に選びました。このような低リスクの独立であれば、迷惑を掛ける事は少なく、忙しくても自分が頑張れば大丈夫だろうと考えていました。オープン後、想定以上のお客様に来店いただき、改めてブランド力を実感。クルーの定着率も非常に良く、周りに助けられています。

この仕事の醍醐味は?

嬉しいのはクルーが長く活躍してくれる事。私の教育のやり方は、マニュアル通り仕事を教えるのではなくゴミ箱が溢れていたら率先して捨てる、商品が空いていたら自分から入れにいくなど、本人に気づいてもらうようにしています。始めのうちは仕事を詰め込みすぎないようにしていますね。

今後のビジョンは?

1店舗が軌道に乗り、2店舗目もオープン。2店舗目は信頼できる店長に任せて、連絡をしてきたら助け船を出そうと考えています。ローソンでは経営に必要な人・物・金の2つはクリアできます。ですから、やはり縁も含めて人が大事だと思います。私は会社員には向いていないので、この仕事はピッタリ。最悪失敗しても、好きな仕事ですからもう一度店長からやり直せば良い位に思っています。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

2店舗目は完全に任せ、1店舗目は最も重要な時間帯である夕夜間に自分が入るようにしています。ですので午前中はゆっくり自分の時間にしていますね。

他のオーナーの
インタビューも見る