ローソンオーナーになったきっかけは?

私は生まれてからずっと淡路島育ちで、牛乳を作る工場で働いていました。そんな時、ローソンで複数の店舗を経営していた、いとこのオーナーから「淡路島に新しくローソン店舗の出店をするから店長をやらないか」と誘いが。不安もあったのですが、やってみるか!と思い切って始めることにしました。それから8年ほどローソンの店長をしていたのですが、転機となったのが、オーナーの元で数店の店長をまとめるポジションへと転身したこと。実際にローソンの玉塚社長の話を聞く機会や、優秀なオーナーに会う機会が急激に増えました。そのような方々から刺激を受けるうちに、自然と「自分もオーナーとして挑戦したい」という思いが出てきました。

この仕事の醍醐味は?

最も苦労したことはお客さま作り。今までは生まれ育った淡路島に店舗があったので、お客さまは顔なじみばかりで、店内の雰囲気も良かったです。しかし、誰も知り合いがいない神戸の地で、お客さまとどうやって関係を築いていくか、ということにずっと悩まされました。しかし、クルーさんの協力もあって少しずつですが、お客さまに「また来るね」と言ってもらえたり、顔なじみのお客さまも増えてきて、自分なりのお店を作れてきた気がします。

今後のビジョンは?

今は2店舗を経営していますが、将来は4店舗以上を経営することが目標です。そのゴールに向かって、一歩ずつ目標を置くようにしています。たとえば、「地域一番店を目指す」や「MS(ミステリーショッパー)と呼ばれる店舗運営レベルの評価制度で、お店の評価を80点以上にする」などですね。目標を置くことで、お店全体で一致団結して取り組める雰囲気になっています。そのおかげで、前回のMS評価は高得点を獲得。高い目標を持つことでモチベーションを維持して頑張れますし、ローソンにはそれを応援してくれる制度があります。まだまだ課題は山積みですが、店長やクルーさんと協力しながら一歩ずつ進んでいきたいと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

まだまだオープンしたてで、休みは少ないですが、たまに夫婦で買い物に行ったり、温泉に行ったりして何気ない時間を過ごすことが多いですね。趣味のゴルフにはなかなか行けないのですが、いつ行こうかと考えているところです。

他のオーナーの
インタビューも見る