ローソンオーナーになったきっかけは?

大阪から東京に出て、ローソンの店舗で働いたのち開業しました。自分のお店を持ちたいのが何よりも優先だったので、特に場所にこだわりはありませんでした。専従者には以前の店舗の仲間を誘い、一緒に良いお店を広げていこうと言ったところ「ぜひよろしくお願いします」と言ってもらえ、嬉しかったですね。2011年の2月に開業。すぐに震災があり不安でしたが専従者のパートナーを始め、経験者が多かったので徐々にマチに根付いていき、売上が上がっていきました。住宅立地の為、生鮮食品とスイーツも大好評。「生鮮がスーパーより安いね。コンビニは高いと思っていた」と言われることもありますし、スイーツは人気がありすぎて品薄になったこともあります。

この仕事の醍醐味は?

お客様から「ここにあってよかった」と言ってもらえた時は、この場所でやってよかったと心底思います。現在は2店舗目もオープンしました。1店舗目とは状況が大きく異なり観光地での出店です。土日・祝日の売れ方と平日の売り方がまったく異なるので、大変ではありますが、とても勉強になっています。

今後のビジョンは?

目指すは1年1店舗の出店。本部の戦略を理解し一緒に拡大できるのが理想です。その為にも人の育成が最重要で、自分がいない時にしっかりお店がまわるようにしたいと思います。心強いのはなんと言っても仲間の存在。1店舗目の専従者に2店舗目の店長を任せていて時にヒートアップするほど良いお店に向けての熱い話をしています。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

週に1日は休むようにしています。休みの日はお店に顔を出しにいったり、周りのお店をチェックしたりしています。気をつけているのはお店に顔を出しても仕事はしない事。自分と同じように出来る人を育てたいので、任せるようにしています。

他のオーナーの
インタビューも見る