ローソンオーナーになったきっかけは?

ローソンのクルーとして働き始めたのが約8年前です。そして、シングルマザーとなり人生の岐路に立った時に、ローソンの制度を活用してオーナーとなる道を選びました。この仕事が大好きだった事が1番の動機ですが、これまで店舗で働いていて経済面でも2人の子供を養っていけるイメージが持てたのも安心できた理由です。専従者はローソンクルーの経験がある妹にお願いすることにしました。妹は東京にいたのですが、私が「ぜひ、一緒に自分たちのお店をやってみない」と誘ったところ、喜んで協力してくれました。2人ともこの仕事が大好きで、独立にワクワクしていました。

この仕事の醍醐味は?

「ここにあって良かった」とお客さまから言われるのが、何よりの醍醐味です。宇治小倉堀池店ではオープン時には駐車場に屋台を出して地域イベントとしてお店を盛り上げ、2日目には記録的な売上となりました。お客さまからも「この辺もお祭りが少なくなっているから、このようなイベントは楽しいね」と言っていただけました。私は自分の経験から、この店舗では母子家庭の人を優先的に採用しています。まだまだ働き口の選択肢が少ないシングルマザー。ここで同じ境遇の人たちと、子供の話をしたり、働き方の相談に乗ったり、お店に来ることで少しでも不安を解消して欲しいと思っています。その人たちが「次は発注を教えてください」など仕事を楽しみ、自発的に意見が出てくると私もとても嬉しいです。

今後のビジョンは?

ローソンは社会貢献への意識も高く、女性が活躍できる環境を作ってくれていると思います。私はフランチャイズオーナーとして「女性オーナーが活躍している」ということを現場から発信し続けていきたいと思います。専従者である妹とは、この1、2年は細かい数字の話よりも、まずは地域に愛される良いお店を作ることに専念しようと話しています。焦らず、3年後に2店舗目を出店できたらいいと思っています。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

今はこのお店を定着させるために、一生懸命働いていますが、水曜日と土曜日は17時に帰って子供と食事をしてその日の出来事など何気ない会話を楽しんでいます。ゆくゆくは、週1日を休みにしたいと思っています。

他のオーナーの
インタビューも見る