ローソンオーナーになったきっかけは?

父の店を継いで小売店を7、8年営んでいましたが、年々売上が下がっていて、今後の展開を考えている時にローソンへの加盟の話をいただきました。3人の子供を育てる中、自分としても何か新しい事を始めなければと考えていたので、タイミング的にもちょうど良かったです。契約後、研修に入ってみるとこれまで経営していた小売店とは異なり、システムの進化や接客レベルの違いに驚きました。そして何よりも、ローソンの「私たちは"みんなと暮らすマチ"を幸せにします。」という企業理念に共感し、この実現に向けて頑張れば必ず良いお店ができると信じていました。お客様からも非常に好評で、以前からの常連様にも「良く働くようになったね」なんて言われます。

この仕事の醍醐味は?

朝、昼、夕と非常に多くのお客様に来店していただき、町に根付いてきたと思います。お客様に「ここにあって良かった」と言われるとやはり嬉しいですね。妻もお客様との会話を楽しんでいるようで「お客様がこのお店に来て笑顔で帰られるのが何よりも嬉しい」、と言っています。商品も「鶏から」など自信を持ってお客様にオススメできるものが続々と生まれています。人気商品を他店と競い合いながら、数字を上げて行くのもゲーム感覚で非常に楽しいです。

今後のビジョンは?

次の展開は、環境の違う立地で2店舗目にチャレンジすること。この1店舗目は以前から営んでいた小売店があり常連のお客様が多いのでアドバンテージがありました。ですので、次は新天地で店舗運営を試してみたいです。夢は、夫婦で共通の趣味を作り、一緒に楽しむことですね。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

休みは週に1日程度で、妻とシフトを調整して交互に休むようにしています。妻が子供を迎えに行った帰りにお店に寄ってくれるので、働きながら子供と会う事が出来ています。

他のオーナーの
インタビューも見る