ローソンオーナーになったきっかけは?

ローソンの店長を経験後、オーナーとしてお店を開きました。オーナーになるワクワクもありましたが、一方で不安もありました。しかし、妻が非常に協力的で開業する前から他の店舗で働いてくれ、自分の背中をおしてくれ自信に繋がりました。オープン後、まず大事にしたのがローソンの理念や3つの徹底をクルーにも意識してもらうこと。店長時代から基礎の積み重ねが非常に重要だと意識していたので、何度も繰り返し言っていました。オープン当初、店舗周辺の環境がこれから変わって行く時期で、経営としては耐える時期も続きましたが、基礎の徹底とクルーさんの育成など1年掛かりで強固な基盤が出来ました。その結果、お客様から愛される店舗に育ち、2店舗目をオープンする事ができました。

この仕事の醍醐味は?

お客様がこのお店に通っていただけるのが何よりも嬉しいです。常連のお客様との何気ない会話はもちろん初めてこられた方が帰りに笑顔になっていたりすると、本当にやっていて良かったなと思います。自分でも改めて接客の仕事が好きなんだと感じます。
それと、クルーの成長はオーナーとしての醍醐味でもあります。なかなか仕事が覚えられないクルーから「やめたいです」と言われた時があり、私はきっとやれば出来る子だと思い「もう少し頑張ってみようよ」と声を掛けました。その後、自ら率先して動き、見違えるように成長してくれました。

今後のビジョンは?

今後はさらなる店舗展開に向け、夫婦で率先してポジティブな雰囲気を作っていきたいと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

定休で週に2日休み、子供の行事に参加したり、家族の為に時間を使っています。オープン前から妻と「子供の事を第一に考えよう」と決めていて休みはしっかり取るようにしています。

他のオーナーの
インタビューも見る