ローソンオーナーになったきっかけは?

地元のスーパーマーケットに就職後、すぐに結婚して妻と将来のことを話している中で独立の話がでました。妻も接客が好きで組織に縛られて働くよりも自分たちでお店を経営する方が将来性があるのではないかという話になり、フランチャイズ加盟の説明会に足を運ぶようになりました。そして、様々な企業の話も伺い検討した結果、ローソンに加盟しました。ローソンの方々は親近感があったことと、説明会の当日に物件を紹介していただき運命的な出会いを感じました。資金的なバックアップを親がしてくれたのも大きな支えとなり、21歳でチャレンジしました。オープン後はスーパーマーケットとは比較にならないほど覚えることがあり、不慣れな分、毎日毎日必死でしたが、コンビニエンスストアの仕事経験があるクルーの意見を素直に取り入れ3年ほどでお店が軌道に乗ってきました。今になって思うと、経験が浅く若かったので周りの意見を積極的に取り入れていけたのが良かったと思いますね。

この仕事の醍醐味は?

オープン当初は夕方と夜間の売上が落ち込んでいて伸びずに悩んでいたのですが、ローソンのおかず類の商品開発が進み、店内で積極的にフライドフーズの声がけを行ったところ夕方と夜間の売上が上がっていきました。また、おでんはクルー全員と一丸となって「売上ランキングでより上を目指していこう」と頑張った結果、九州1番の売上を記録しました。これは嬉しかったですね。

今後のビジョンは?

私は1店舗目の開業から5年後に2店舗目をオープンしました。1店舗目の近くでのオープンとなり多少の不安もあったのですが、オープンしてみるとお客様の層が異なり、やり方次第で売上が伸ばしていけることが分かりました。2店舗を経営してみて日々新しい出会いがあり刺激を受けます。店舗拡大を行っていくことでローソン本部の方々、それぞれの店舗のクルー、そのエリアのお客さまと出会いがどんどん広がっているんです。この出会いはローソンオーナーだからこその喜びであり、財産として蓄積されていくものだと思います。今後もこの出会いを増やしていくためにも店舗数を拡大して、そしていずれはローソン独自の制度であるマネジメントオーナー(MO)にチャレンジしたいと思っています。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

週に1日はゆっくり休むようにしています。子供と遊んだり、家族で買い物にいったりしてリフレッシュすることで、また仕事を頑張ろうという気持ちになりますね。

他のオーナーの
インタビューも見る