ローソンオーナーになったきっかけは?

不動産の賃貸営業の後に父の経営する建築会社に勤務していたのですが、賃貸営業の時の接客の楽しさが忘れられず、接客業が出来ないものかと思っていました。そんな時に、自身で購入をしていた土地が大手コンビニエンスストアの契約更新時期を迎え、更新して土地だけを貸すよりも、自分で店舗運営を行いたいと思い、ローソンのオーナーになることを決意しました。家族からは安定した賃貸収入を得た方が良いのではないかという反対の声もありましたが、札幌でも親しまれているローソンならやっていけると思い説得しました。

この仕事の醍醐味は?

オーナーになっても最初は自分のことしか考えられなかったのですが、慣れていくにつれて周りの助けがないとやっていけないということに気づきました。コンビニは24時間365日営業をしているので、自分1人のことだけ考えていたらお店は回っていきません。そんな中でも従業員やクルーさんが自分の足りない部分を支えてくれて、成長していくのを目の当たりに出来るのはとてもやりがいにつながります。クルーさんから「ここで働けて良かった」と言ってもらえたのはとても印象的で嬉しかったです。

今後のビジョンは?

当初、家族からは土地を貸して安定した収入を得る方が良いのではないかと言われていましたが、安定よりチャレンジを選んだ結果、今はとても楽しく充実しています。独立せずに会社員として生きる道もありましたが、もしそうしていたら出会うことがなかった人たちと今は一緒に働けています。今後もオーナーとして守っていかなければいけない責任をまっとうし、新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

私はオーナーとしてずっと店頭にいるのではなく、出来るだけ従業員やクルーさんに任せるスタイルを理想とし、自分の時間を捻出するようにしています。そうやって出来た時間で、クルーさんとのコミュニケーションの構築を心掛けています。また、クルーさんが自発的に企画する飲み会にも極力参加をする事で、とても楽しい時間を過ごしています。

他のオーナーの
インタビューも見る