ローソンオーナーになったきっかけは?

前職は車の整備士、パチンコ店の店長、介護関連企業での事務職などを経験してきました。以前から「いつかは自分で経営をして、自分で人生の舵をきっていきたい」と考えていましたので、働きながらも将来的に独立が出来る事業を調べる日々でした。そのような時にローソンのオーナー募集広告を見て、早速資料を請求。他社も横並びで検討したのですが、自分の理想に一番近いと思えたローソンでの独立を決意しました。私たち夫婦には3人の小さな子供がいるため、妻からは「独立はリスクが大きいのでは?」と反対されましたが、以前からの夢でどうしても引けない私が妻を説得する形でスタートしました。改めて振り返ると、妻の力無しには絶対に今の自分は無いと思います。言葉には出せていませんが、とても感謝しています。

この仕事の醍醐味は?

会社員時代はいくら頑張って数字を上げても、その数字に関わる歯車の一つでしかありませんし、評価も歯車としての評価となります。ですが、ローソンの独立であれば利益が上がれば自分の所得・自分の評価に直結するのでやる気も全く変わってきます。数字だけではなく、お客さまへの丁寧な挨拶・接客を心掛けることで常連さんもついてくれるようになりましたし、そういったお客さまから自分たちに感謝の声をいただける時は大きなやりがいを感じます。

今後のビジョンは?

今は単店ですが、これから2店舗、3店舗と経営店舗を増やしていきたいと思っています。そのためには人財の育成がキーになると思いますので、今いる人財ももちろんですが更に雇用を拡大し、安定して任せることの出来る人を数多く育てていきたいと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

子供がまだ小さいもので、24時間営業のコンビニという業態だと子育てに時間を充てられないのではないかと不安もあったのですが、実際は違いました。昼間に少し抜けて子供と一緒にご飯を食べたり、夜一緒に遊んだり、時間は融通がきくので子供と一緒に過ごす時間は会社員時代よりも増えました。また、従業員も気を遣ってくれて「オーナー今日はもう帰っていいですよ」と言ってくれますので独立前に想像したよりも自由な時間を作ることが出来ています。

他のオーナーの
インタビューも見る