社会・環境

トピックス

2018年12月28日

【九州地方】鹿児島実業高等学校の生徒さんたちと考案した「もちもちぢゃんぼ餅風パン」を発売しました

株式会社ローソンは2018年12月4日(火)に、学校法人川島学園鹿児島実業高等学校の生徒さんたちと考案した「もちもちぢゃんぼ餅風パン」を、鹿児島県のローソン196店舗(2018年10月末時点)で発売しました。

今回の商品は、鹿児島県の郷土菓子「両棒餅(ぢゃんぼもち)」をイメージして作られました。鹿児島県産のもち粉を使用したおもちと甘醤油ダレを包み、表面には「かじっど鹿実人」の文字が入っています。

「もちもちぢゃんぼ餅風パン」(税込130円)

発売前の11月30日(金)には、鹿児島実業高等学校の中釜一喜校長や生徒さん、株式会社ローソン南九州代表取締役社長の安井公、九州商品部マーチャンダイザーの原田緑などが鹿児島県庁を訪問して三反園訓知事に商品を説明しました。知事からは「地産地消につながる県産食材は、どんどんPRしてください」などのコメントをいただきました。

ローソンは、2007年9月に鹿児島県と包括連携協定を締結してから、鹿児島県の食材を使用した商品を継続的に開発・販売してきました。

今後もローソンは、地元の食材を使用した商品を販売し、マチ(地域)の活性化に貢献してまいります。

★ニュースリリースはこちら