社会・環境

トピックス

2018年9月11日

【関東地方】「活樹祭~親子森林教室 in 小菅村2018」を実施しました

株式会社ローソンは、2018年8月27日(月)~28日(火)に、「ローソン緑の募金」を活用した環境教育プログラム「活樹祭~親子森林教室 in 小菅村2018」(主催:樹木・環境ネットワーク協会)を実施しました。

森林体験を通して子どもたちの自然への興味・関心を育みながら、社会性やコミュニケーション能力をより高めることを目的に開催したもので、今年で2回目になります。このプログラムは、ひとり親家庭の母子を対象にしており、今年は、東京都内在住の母子10組20名を含む総勢32名が山梨県小菅村で、多摩川の源流体験やキャンプファイヤー、ヒノキの間伐、伐った木を活用したスプーンづくりなどを行いました。

この親子森林教室は、公益社団法人国土緑化推進機構、NPO法人樹木・環境ネットワーク協会、NPO法人多摩源流こすげ、多摩川源流大学、一般財団法人東京都ひとり親家庭福祉協議会の皆さんの協力のもと、実施されたものです。

ローソンは、2017年7月に「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」を設立し、ひとり親(母子等)家庭の子どもたちが「進学したい」という夢をあきらめずにすむよう、店頭での募金活動を開始し、中学3年生から高校3年生までの400名に対して月額3万円の奨学金の給付(返還不要)を実施しています。

ローソンはこれからも、“子どもたち”と“緑”への支援・サポートを継続してまいります。

【実施概要】
■実施日: 2018年8月27日(月)~28日(火) ※1泊2日
■場所: 山梨県北都留郡小菅村
■宿泊: 平山キャンプ場
■参加者: 東京都内在住のひとり親家庭の母子10組20名
     (お子さんは小学3~6年生が対象)

★「ローソン緑の募金」について、詳しくはこちら

★「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」について、詳しくはこちら

多摩川の源流を上り森がもたらす水の恵みを実感

お子さんだけでなくお母さんも一緒に沢上り

火を起こすところから夕食づくりを実施

キャンプファイヤーで木の活用方法を体感

ヒノキをのこぎりで伐採

枝を伐ってスプーンの材料に

金属を叩いて丸くしスプーンに

子どもも大人も夢中になったスプーンづくり

全員で記念撮影