社会・環境

トピックス

2018年6月22日

【ローソン沖縄】那覇市の新都心公園で、「福を呼ぶ『フクギのさんぽ道』プロジェクト」を実施しました

株式会社ローソン沖縄は、沖縄出店20年を記念して、2018年5月12日(土)に那覇市の新都心公園で、「平成30年度 福を呼ぶ『フクギのさんぽ道』プロジェクト」と題し、緑化式典と緑化事業を実施しました。

今回のプロジェクトは、那覇市のシンボルとして制定された木“フクギ”の並木の形成を目指して行われました。フクギの苗木代などに全国のローソングループ店舗に寄せられた「ローソン緑の募金」の一部が活用されています。

またこのプロジェクトは、2019年秋に沖縄県で行われる「第43回全国育樹祭」の開催記念行事として実施されました。

公益社団法人沖縄県緑化推進委員会、那覇市、株式会社ローソン沖縄が主催したこの式典では、新都心安全なまちをつくる会、自治体、学校・幼稚園関係者、一般ボランティアなど約250人が参加し、フクギ65本の植樹とミニサンダンカ99本、花苗275本の植栽を行いました。

ローソンは同日、フクギなどの植樹の実施及びその維持管理を目的に、那覇市と「グリ-ン・ロード・サポ-ター協定」を締結しました。

ローソングループは、今後も地域における緑化事業に積極的に参加してまいります。

【事業概要】
1. 事業名:平成30年度 福を呼ぶ「フクギのさんぽ道」プロジェクト
2. 主 催:公益社団法人沖縄県緑化推進委員会、那覇市、株式会社ロ-ソン沖縄
3. 後 援:沖縄県、沖縄県全島緑化県民運動推進会議、
      公益社団法人国土緑化推進機構
4. 開催日時:2018年5月12日(土) 14:00~15:00
5. 開催場所:那覇市新都心公園(那覇市おもろまち3丁目)
6. 開催内容:
 ①代表者による記念植樹:フクギ
 ②参加者全員による植樹・花の植栽:フクギ65本、ミニサンダンカ99本、
                  花苗275本
7. 参加者:約250名
 ①主催者
  公益社団法人沖縄県緑化推進委員会関係者、
  那覇市関係者(道路管理課・花とみどり課)、
  ローソン沖縄関係者
 ②後援
  沖縄県関係者、沖縄県全島緑化県民運動推進会議関係者、
  公益社団法人国土緑化推進機構関係者
 ③地元参加者
  新都心安全なまちをつくる会、自治会、学校関係者等市民
 ④協力団体
  森林ボランテイア沖縄、フクギを広める会、沖縄県緑化種苗協同組合、
  (一社)沖縄県造園建設業協会、(一社)沖縄県建設業協会、
  那覇市緑化センター、㈱ローソン

★「ローソングループ“マチの幸せ”募金」について、詳しくはこちら

★「ローソン緑の募金」について、詳しくはこちら