社会・環境

トピックス

2017年8月11日

【東北地方】山形県立鶴岡中央高等学校の生徒さんと2つの商品を共同開発しました

株式会社ローソンは、山形県立鶴岡中央高等学校の総合学科家政科学系列食物系3年生の生徒6人とともに、「ふわふわシフォンケーキ~山形県産さくらんぼのジャム&ホイップクリーム~」(税込216円)と「鶴岡中央高校発!肉巻おにぎり2個入」(税込350円)を共同開発し、2017年6月30日(金)から東北地区のローソン1,058店舗(2017年5月末日現在)で販売しました。

「ふわふわシフォンケーキ」は、山形県産のブランド米「つや姫」の米粉を使用したスポンジ生地に、ホイップクリームと山形県産さくらんぼ入りのジャムをサンドしたものです。

「肉巻おにぎり2個入」は、キムチごはんを豚肉で巻き、更にチーズを乗せてじっくりと焼き上げたものです。

発売当日の6月30日には、生徒さんとローソン担当者が県庁を訪問し、吉村美栄子知事にプレゼンテーションを行いました。試食では大いに盛り上がり、吉村知事からは、「『つや姫』の米粉を使った商品をもっと開発してほしい」、「おにぎりの豚肉の味がよく、キムチのピリ辛感が食欲をそそる」などのコメントをいただきました。

記者室でのディスプレイ

表敬の様子

記念撮影

今回の商品開発は、生徒さんたちが育ってきた故郷のおいしい食材を使用する「地産地消」をテーマに、故郷の役に立ちたい生徒さんたちと、マチに密着して地産地消を進めるローソンの想いが合致して実現したものです。

ローソンは今後も、「地産地消」商品の発売や青少年との取り組みなどを通して、地域活性化に貢献してまいります。

★ニュースリリースはこちら